セレブリティ・ミレニアム」カテゴリーアーカイブ

【news】セレブリティ・ミレニアム日本発着クルーズ区間割引&一人利用料改定

2019年9月22日-10月2日横浜発着『関門海峡と日本の景勝地巡り11日間』クルーズにおいて区間乗船割引の設定と1室1人利用時の追加料金の改定を発表しました。

料金改定の内容

[st-step step_no=”1″]一律1名15,000円の割引[/st-step]
パンフレット記載の区間乗船を希望する人には、客室・乗下船地に関わらず旅行代金より1名一律15,000円の割引が適用される。


(画像引用:セレブリティ・ミレニアム『秋の日本周遊クルーズ』デジタルパンフレット)

◉区間乗船が可能に
区間乗船を利用して日程を短縮することができます。お忙しい方、長期の休暇が難しい方には是非ご利用下さい。
【例】9/22横浜乗船→9月28日金沢下船(6泊7日)
*広島・北九州・釜山からの乗船、釜山・舞鶴・秋田・青森での下船など区間乗船がご利用になれます
(引用『セレブリティ・ミレニアム2019秋の日本周遊クルーズ』パンフレット)

[st-step step_no=”2″]1室1人料金が値下げ[/st-step]
1室1人旅行代金が200%→150%へと改訂。
別途かかる諸費用については変更はありません。

(画像引用:セレブリティ・ミレニアム『秋の日本周遊クルーズ』デジタルパンフレット)

早期予約特典

1st Chance:オンボードクレジット1室300ドル(2019年1月31日までの申し込み)
2nd Chance:オンボードクレジット1室200ドル(2019年3月29日までの申し込み

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]まとめ[/st-minihukidashi]
春秋に運行される日本発着のセレブリティ・ミレニアム自主クルーズは10〜14日間と他の外国船よりも期間の長いクルーズです。その為現役世代は仕事の休みが取りづらく乗船機会も失われがちです。
上記の区間乗船可能対象クルーズは2019年シルバーウィークをカバーしているクルーズなので連休を利用、区間乗船を利用すれば乗船できる可能性は高いかと思われます。

1人一律15,000円の区間乗船割引が適用となってもプレミアム船ゆえに元々の旅行代金が高いのでお得感はないのが残念。乗船区間での割引幅があればよかったかなぁというのが個人の感想です。

▶︎セレブリティ・ミレニアム『秋の日本周遊クルーズ』デジタルパンフレット
▶︎外国プレミアム船 クルーズカレンダー

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

【追記あり】セレブリティ・ミレニアム船上見学&メインダイニングでのスペシャルランチ(1)船内の様子

4月14日 (土)、15日(日)の両日に横浜大さん橋ホールでクルーズのイベント『クルーズスタイル2018』が行われました。前年に続き私と主人は2回目の参加、催しとしては今年で3回目とのことです。

関連記事:【イベント】クルーズスタイル2017&東京みなと祭に行ってきました


開催両日に横浜大さん橋にセレブリティ・ミレニアム号が停泊中とのことでクルーズスタイル2018の船内見学会と船内でのスペシャルランチ(無料)が楽しめるというイベントに参加申し込みをしていました。

関連記事:【イベント】セレブリティ・ミレニアム船内見学会の募集

セレブリティ ・ミレニアムシップデータ

総トン数:90,963トン
全長:294m
全幅:32m
定員数:2158人
乗組員数:999人
就航年:2000年7月

2000年就航を記念して名付けられたセレブリティ ・ミレニアムはセレブリティ クルーズの9万トンクラスシリーズの第1船でサービスと食のクォリティーが高い評価を受けているクルーズ船。昨年は春と秋に日本一周の自主クルーズを実施していて、今年も同様のクルーズを行うことになっています。

グループに分かれて見学開始

申し込み時に申請したパスポート番号の表示と引き換えにビジターのクルーズカードをもらい、乗船前に手荷物検査が行われました。一つ一つ丁寧に検査が行われたのが印象的です。

3Fプラザデッキ

GRAND FOYER周辺

ビジターであるにも関わらず、ギャングウェイから船に入る時に顔写真を撮られました!入るとすぐにゲストリレーションズ(受付)、寄港地観光デスクなどがありました。
日本発着では日本人コーディネーターが乗船し、日本語でのエクスカーション、船内新聞なども用意されるそうです。



3層吹き抜けになっているGRAND FOYER。船のメイン階段は記念写真スポットだそうです。(FOYERはフランス語で『玄関』『入口の間』という意味)。船の中心のアトリウムとしてはそんなに広くはありませんが明るく解放的なエリアです。


同じフロアの窓際。椅子とカーペットが調和しています。派手さはなく全体的に落ち着いた雰囲気です。


トスカーナグリル


同じデッキ3後方にある『トスカーナグリル』はイタリアンステーキレストランでカバーチャージ45ドルのスペシャリティレストラン。落ち着いた空間です。奥のテーブルではスタッフの方が大勢でミーティング中でした。


スターター、サラダ、スープなどのメニュー表示を見ることができました。オーソドックスなメニューでなんだか安心?!
熟成牛のステーキや自家製パスタ、イタリアンワインを楽しめるとのことです。

船全体に天井の低さが感じられます。その為が「広々している!」という印象は薄いですが、「守られている感じ」「家のような空間」に思え船内の雰囲気と合間ってアットホームに感じられると思いました。

11Fサンライズデッキ

クイジーヌ

クイジーヌはモダン創作料理のスペシャリティレストラン。こちらもカバーチャージは45ドル。
先ほど見学していたデッキ3あたりの落ち着いた雰囲気から一転、天井も高くモダンな内装。黒とオレンジの変わったカットの椅子が気になります。著名なクルーズ誌でデザイン賞を受賞した内装だそうです。

「斬新でユニークなお料理」が出るということですが、果たしてどんな創作料理が出るのでしょうか?気になります。


同じく11Fにはデッキが広がり、眺めは最高です!


プールもそんなに「広い」という訳ではないので泳ぐより「浸かってのんびり」ジャグジー気分のように楽しめそうです。船首から船尾までもそんなに距離がないので移動もしやすそうです。

セレブリティ ・ミレニアムの船内エレベーターは全て外の景色がみれるシースルーエレベーターらしいです。大型手前の大きさなので内側エレベーターがないとのことでした。

コスモラウンジ

11F船首にはブルーの色調爽やかなコスモラウンジ。船首を臨む展望ラウンジ、動いていたら爽快でしょうね〜。飛鳥IIの船首にあるビスタラウンジに雰囲気が似ていると思いました。


10Fリゾートデッキ

リゾートデッキの名にふさわしく、10Fフロアに向かう途中からリラックス系のいい香りとプールの匂いがふんわり漂ってきました。

フィットネスセンター

船首にはフィットネスセンターがあり、船の規模としては大きめ?
ランニングマシーンなど船首窓際においてあったので、トレーニングしながら見る海原、気持ち良さそうです。

ペルシャンガーデン

女性に人気のアロマの香りのする温浴施設だそうです。香りのスチームが出て水着でくつろぐ感じでしょうか?こちらはアクアクラス客室の利用者は無料ということなので、その他の客室タイプだと有料なのだと思います。

ヘアサロン


窓際のヘアサロンチェアが贅沢です〜。一度船内のヘアサロンを利用してみたいとは思いますが言葉の壁は高し…でも日本人コーディネーターの方にアシストしてもらえばいいのです、よね?

ソラリウム


屋根付きプール、ソラリウムは大人限定の癒しの空間です。

この日外は風が強かったのですが、この中はポカポカぬくぬく。「このまま出港しちゃえばいいのに…」と思わせる程の気持ち良さそうなサンデッキ。

この後もまだまだ船内見学が続きます。

【2018.4.25 以下追記】

セレブリティ・ミレニアム船内有料Wi-Fi

船内有料Wi-Fi料は1日30ドルということでした。
「繋がり具合は以前に比べて良くなりました」という説明でした。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

セレブリティ ・ミレニアム船上見学後のスペシャルランチ

セレブリティ ・ミレニアムの船上見学会の後は、船内のメインダイニングにてのランチをいただきました!

関連記事:セレブリティ・ミレニアム船上見学&メインダイニングでのスペシャルランチ(1)船内の様子

関連記事:セレブリティ・ミレニアム船上見学&メインダイニングでのスペシャルランチ(1)船内の様子

4Fプロムナードデッキ

ランデブーラウンジ

お食事の準備が整うまで、4Fのメインダイニングの近くにあるランデブーラウンジにて少々待ちました。
中央は小さなステージになっていて、それを取り囲むように椅子が配置されています。後ろにはバーカウンター。

この時はピアノの調律中でした。ピアノの調律、初めて見ました!

メインダイニング


2層吹き抜けのメインダイニングは船尾に位置していて、船尾の大きな窓の開口からの自然光が眩しく、また中央にある階段など船の中とは思えないゴージャスな空間です。

航跡を見ながらの食事は最高でしょう!この大きな窓はこの船の特徴ではないでしょうか。

スペシャルコースランチ

ランチはコース料理でした。前菜とメインは選ぶことができました。



パンは3種類あり、無くなると追加で頼むことができました。パン美味しかったです。


ランチは無料でしたが、赤ワイン、白ワインも無料!えっ、アルコールも?!なんだか申し訳ない、でもありがたい!赤と白両方頂きました。
どちらも美味しかったですが、こちらでは白の方が好みの味でした。

前菜


サーモンのクリーミーリエット
〜 胡瓜とケッパーのサラダアブルーがキャビア添え〜

サーモンというよりツナのタルタルのような味でした。パンにのせて食べたほうが美味しかったです。

リエットはペースト状になった練り物全般(本来は肉を煮て潰し脂肪分がペースト状になるまで冷やす)を指しパンやトーストに塗って食べるということです。

スープ&サラダ


トマトと西瓜のサラダ
〜バジル、フェタチーズ、サワードウクルトン、ジェリー風味のドレッシング〜

私が選んだトマトと西瓜のサラダ。西瓜が一身にドレッシングを吸っていて甘しょっぱい。トマトがメインの方がサラダっぽい気がしました。


バターナッツかぼちゃのクリームスープ
〜りんごとくるみのキャラメリゼ添え〜

主人が選んだスープ。りんごとくるみのキャラメリゼは添えられていなかったような?バターナッツの風味が際立っていて出会ったことのない不思議な味でした。

メインディッシュ


セレブリティー特性”牛ヒレ肉”
〜アミガサタケのラグー、パールオニオン、ローストポテト、インゲンと黒トリュフを添えて〜

前日から肉気分だった私は迷わずお肉をチョイス。レア好きな私には火がしっかり通ったこの牛ヒレは、ちょっと硬かくて残念でした。でも、噛み切れるので「よく焼く派」にはちょうど良い火の通り具合では?と思います。

クタクタになったオニオンとインゲンはよかったです。


こんがりと焼き目をつけたサーモン
〜クラッシュドポテト、西洋かぼちゃのグリル、ピエルジュソースを添えて〜

主人のメイン。身が大きいホロっと崩れる優しい味わいでした。

デザート


チョコレートケーキ
〜ドルセデチェとチョコレートのファッジのレイヤーケーキ〜

クリームがバタークリームのような気がしました。スポンジもふわふわして濃厚さはないのですが、やや甘口。
半分食べてコーヒーが欲しいところでしたがなかなか出てこなかったので赤ワインのつまみにチビチビ…。

何しろ、ワインはグラスの残りが少なくなるとどんどん継ぎ足してくれるので、食事中それぞれ4杯は飲んだと思います。

セレブリティ・ミレニアムのランチ感想

味は好みがあるのでなんとも言えませんが、全体的にはよかったと思います。西瓜のサラダはチャレンジングだと思いましたが。

レストランのスタッフの方のサーブもスマートでよかったと思います。対応がとても丁寧に感じました。

こんなに頂いて、船上見学会も込みで「無料」だったことにただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
クルーズスタイルの中のイベント企画として今後も有料で構わないので船内見学会を開催して欲しいと思いました。(できればランチ会も…)

実際の船に乗船して、見て、聞いて、食べての体験は本乗船へ大きなステップになると思います。まだまだクルーズ船の情報も少ないので、例えば自分が船上見学会へ行けなくても、参加された方からのお話も貴重な乗船前の情報になるのではないかと思います。

乗船見学会に参加されたら他の参加者の方に話しかけてみるのもおすすめします。クルーズ船の乗船経験があり、また情報もお持ちの方の参加率は高いと思います。
私たちも食事の席で隣のテーブルの方に他のクルーズ船のお話を聞けたのでそれもまた有意義ではありました。

2018年セレブリティ・ミレニアム船上見学会

募集はすでに終了していますが、港から外観は眺めることができるかと思います。参考までに開催日を載せておきます。

・長崎港 4月20日(募集終了)
・横浜大さん橋 4月25日(募集終了)

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

セレブリティ・ミレニアム船上見学&メインダイニングでのスペシャルランチ(2)船内の様子

先ほど行わられた『クルーズスタイル2018』でのイベント企画、横浜港に停泊中のセレブリティ・ミレニアムの船上見学会&スペシャルランチ会に参加した時の続きです。

関連記事:セレブリティ・ミレニアム船上見学&メインダイニングでのスペシャルランチ(1)船内の様子

10Fサンデッキ



屋外プール

10Fリゾートデッキの屋外プール。プールの周りにサンデッキが沢山並べられていました。この時は複数人のクルーがプールを整備中でした。
セレブリティ・ミレニアムは36国籍からのクルーが働いているということで「サービスの教育も徹底されている」という説明でした。

船内ですれ違うクルーは皆、持ち場の準備中でしたが、私たちが通ると手を止めてにこやかに挨拶してくれました。船内の雰囲気と同じで落ち着いた、安心できる印象を持ちました。


プールの側に『Pool Grill』があり、こちらではホットドック、ハンバーガー、チーズバーガー、ベーグルバーガーなどが食べれるようです。
「約15分お待ち下さい」とあるので、注文を受けてからの調理なのでしょう!できたてが食べれるのですね。

オーシャンビューカフェ&グリル

屋外プールから船の後方に向かうと『オーシャンビュー・カフェ』があります。


写真が暗いのですが、大きな窓で外の見晴らしが最高のブッフェカフェ。見学した頃はランチのスタンバイが完璧でいい匂いが漂っていました〜!


一部しか見れませんでしたが、パン、ハム類、チーズの種類は多かったです。パエリアが美味しそう。サラダバーの種類も豊富です。

セレブリティの乗客はイギリス、ヨーロッパの方が多いそうです。


アイスの冷凍ケースには多種アイスがずらり。甘そうです。

オーシャンビューカフェ&グリルの後方までは行けませんでしたがデッキプランで確認すると10Fサンデッキ1/3はこのカフェだったので中は広いのだと思います。

5Fエンターテイメントデッキ

カフェアルバーチョ(カフェ)



5Fエンターテイメントデッキの中央にあるカフェ。ハイバックチェアが印象的…船内いたるところで見かけました。


こちらでコーヒー(ドリンク全般?)を注文するとカウンター横にあるショーケースの中のスィーツが食べ放題とのことでした!外国船はスィーツが充実していますよね。

ブルー


アクアクラス専用のダイニング。まだ中は準備中でした。

スシ・オン・ファイブ


寿司・アジア料理レストラン。赤いナフキンと黒のランチョンマットのコントラストが効いています。人気のレストランで結構予約が埋まるようです。こちらはアラカルト料金だそうです。

カジノ


5ドルからかけられるブラックジャックのテーブル!

 
船の大きさからみてカジノの広さに驚き!セレブリティ・ミレニアムは長期クルーズを得意としているとのことなのでカジノも充実しているのでしょうか!

ルミナ


こちらはスィート専用ダイニング。

シアター


3層吹き抜けのシアター。ステージそのものはそんなに大きいという印象はありませんが、座席のソファが座り心地がよかったです。座面が広いので深く腰掛けることができました。
座席の前に飲み物を置くテーブルがあるのもナイス!テーブルライトが下方から照らされているのもショーの邪魔にならず、座席の足もの付近もよく見えるのでいいなと思いました。

セレブリティクルーズは親会社がロイヤル・カリビアン・インターナシショーの内容は期待できるのではないか、と思います。

 

マティーニバー&クラッシュ




お酒はクラッシュアイスで冷やされ、グラスも霜がついた冷やされた天板の上にのせられていました。キュッと冷えた一杯がいただけるのでしょう。

セレブリティ・ミレニアム船上見学会の感想

客室以外のほとんどの共有施設を見学させてもらい感激でした。見学は1時間という限られた時間でしたので早足ではありましたが、セレブリティ・ミレニアムの船内の様子を見ることができました。

船内見学会を体験することで、その船でのクルーズ旅行のイメージが湧き乗ってみたい気持ちが増すので良い機会だと思います。

港に停泊するクルーズ船全てが船内見学会を開催するということでもないですし、開催予定でも船側の都合で近々でもキャンセルになったことも体験しましたので大変貴重な時間だったと思います。

セレブリティ・ミレニアムは「開放感」が感じられるのは屋外のデッキで屋内は天井が低く幾分船内も照明やファブリック類が暗め、天井も低めなので「落ち着き感」を感じられ自然に「ゆっくり、まったりしたい」気持ちになるような船、という印象を持ちました。

日本発着クルーズがゴールデンウィークにあったら…少し長めでも乗船していみたいと思いました。

部屋のタイプ

スィート客室

スカイスィート<ベランダ・バスタブ付>専用ダイニング ルミナ

ベランダ客室

・アクアクラス<ベランダ・シャワー付>専用ダイニング ブルー
・コンシェルジュクラス<ベランダ・シャワー付>
・デラックス海側<ベランダ・シャワー付>

スタンダート客室

・スタンダード海側<窓・シャワー付>
・スタンダード内側<シャワー付>

予約受付中クルーズコース

日本一周秋の美巡りクルーズ
2018.9.30-10.12 横浜発着13日間
270,000円〜940,000円
横浜-神戸-高知-広島-釜山-函館-青森-横浜

まだ残席があり予約受付中だそうです。
セレブリティ ・ミレニアムの春秋日本一周クルーズも定番コース化してきましたね。




クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅