東京国際クルーズターミナル」カテゴリーアーカイブ

東京国際クルーズターミナル建設予定地を見学-3|開業日決定&スペクトラム・オブ・ザ・シーズが第1船に

東京国際クルーズターミナル建設予定地の見学

2017年12月から4ヶ月ごとに東京国際クルーズターミナル建設予定地(旧:東京新客船ふ頭ターミナル(仮))に5ヶ月ぶりに行ってみました。


(画像引用:東京国際クルーズターミナルHP)
船の科学館あたりから見える以下の写真は、↑完成予想図ではターミナルへの曲線道路の部分だと思われます。


2018年9月現在。道路を作業トラックが往来していました。


前回2018年4月。道路に厚みがないですね。


前々回2017年12月。道路部分がなくゲタが出ているのみです。


前回2018年4月ゆりかもめから撮影したターミナルへの道路の全体画像。

今回2018年9月にゆりかもめから見た東京国際クルーズターミナルの工事現場の動画です。高いところからみると道路の先、ターミナル建物、桟橋になるあたりの工事も進んでいるのがわかります。

今回は船の科学館の反対側、初代南極船・宗谷が展示してある側からも撮ってみました。


宗谷側を歩いていると新客船ふ頭整備事業インフォメーションセンターがありました!建物を撮ってくるのを忘れましたが、建物は2階建の現場事務所といった感じです。

今回時間がなくて見学できませんでしたが、次回は寄ってこようと思います!建物の屋上が展望台になっていて新東京国際クルーズターミナルがぐるっと見渡せると思います。


9・10月の開館予定表です。日月は休館のようです。

何度か足を運ぶと工事の進捗状況がわかるのですが、後2年弱で東京国際クルーズターミナルができるのだろうか…と思ってしまいます。
ゆりかもめ沿いを見渡すと今2020年東京オリンピックに向けて有明付近は各競技場の建設真っ只中です。
築地市場もいよいよ開業しますしこの辺りは一気に人が増えそうです。

東京国際クルーズターミナルの開業日と第1船が決定!

9月7日に東京都が発表!
開業:2020年7月14日(火)
開業第1船:スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

 ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが誇るクァンタムクラス(約16万トン級)をさらに進化させた、またなんかスゴイ!クルーズ船です。詳細を説明するよりも紹介映像をみた方が早いのでぜひご覧下さい。

◉シップデータ
総トン数:168,666トン
全長:347m
乗客定員:4,246人
就航年:2019年4月

就航年が来年4月で処女航海はバルセロナ発ドバイ着とされており、シンガポール発着クルーズを経て同年6月から上海を母港とする予定です。同年冬季は香港発着クルーズの実施が決まっています。

日本への寄港は長崎、福岡、鹿児島、沖縄など予定されているということです。

ロイヤル・カリビアンの船でオベーション・オブ・ザ・シーズに続く2隻目のアジア配船となるということなので中国仕様のクルーズ船なのでしょう。

東京国際クルーズターミナル発着か片道のクルーズが発売される可能性もありますね。今後も楽しみなニュースです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学-2|東京臨海副都心|豊洲複合ビル

東京臨海副都心に2020年に開港予定の『新客船ふ頭ターミナル』の建設現場を再び訪れてみました。

前回は2017年12月小雨が降る中訪れました。とても寒かった印象があります。その時の記事はコチラ↓から。

関連記事:東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学|東京臨海副都心

昨日訪れた時にはこんな感じになっていました。強風に煽られまくりました。

近くで見ると前回と変わらない感じですが、ゆりかもめからみると…



ゆりかもめ車内から見た動画はコチラ

前回訪れた時に出ていた工事看板には『新客船ふ頭連絡通路の新設工事』とあって工事の終了は3月中旬となっていました。今回この周辺で工事作業が行われている様子もなかったので連絡路の新設工事は終了していたのかもしれません。

ふ頭はこの先にできる予定だと思います。上の2枚目、3枚目に写っている通路の先の海上に重機があり、その周辺にクイが打たれているのが見えます。そのあたりが新客船ターミナルになる部分ではないでしょうか。

ここに大きいクルーズ船が入ってくるかと思うとワクワクしてきます!

関連リンク:東京都新客船ふ頭ターミナルの概要について

豊洲駅周辺:複合ビル建設工事

コスタネオロマンチカなどのクルーズ船が現在入港する東京港からも近く、また上記の新客船ふ頭ターミナルにも近い東京・豊洲駅。
全国的には築地市場移転先としてもその名は有名になっているところです。30年前にはここで自動車運転の練習をしたものです。

私は2006年に旧石川島播磨造船ドック跡地に建った『ららぽーと豊洲』が好きでそれから10年以上年に何度か遊びに来ていました。
最初はららぽーととマンションがぼちぼちあって、何もないけれどこれから何かできそうな場所…が10年後にはマンションが増え、人が増え…そして行きつけのお店のこちらに移転し、と今ではすっかり通うペースも増えました。

豊洲駅を出てすぐの昔消防署があった交差点角に今建設中の建物があります。



ホテルが建つとは聞いていましたが、店舗・オフィスなども含む複合施設になるようです。ららぽーと豊洲ともデッキでつながるようなので行き来が便利そうです。

関連リンク:ニュースリリース・豊洲二丁目駅前地区第1種市街地再開発事業2-1街区

豊洲周辺には来たる東京オリンピックの会場となる場所が多く、東京港(晴海)には選手村も建設中ですが、オリンピックに向けての宿泊施設が少ないということで、ホテルシップの検討もあるようです。

関連リンク:東京都2020年オリンピック期間中に東京港に”ホテルシップ”運営事業者の公募を開始(日本経済新聞 2018.4.7)

新客船ふ頭ターミナルができることで、国内外の観光客が増えるとさらに豊洲の街も活気付くような気がします。

また時間をおいて見に行ってみたいと思います。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学|東京臨海副都心


先週、近くを通ったので2020年に完成予定の東京お台場にできる新客船ふ頭ターミナル建設予定地を見てきました。

すでに工事は始まっており、小雨が降るこの日も工事の真っ最中でした。場所は、船の科学館(現在本館は2011年より閉館中)のすぐ目の前でした。船の科学館の本館建物は現在もそのまま残されています。「船の型をしている」とは思っていたのですが、クィーンエリザベス号がモチーフになっていることは知りませんでした!


工事看板によると現在の工事は、新客船ふ頭の連絡通路取り付け部のようです。船の科学館本館と屋外展示船『宗谷』の間に作られていました。



この連絡通路取り付け部が海の方まで曲線を描き伸びていて、どういう形になるのかさえイマイチわかりませんでした。
と、思ったらYou tubeに東京港・新客船ふ頭ターミナルのプロモーション映像がありました。こちらを見ると、まだまだほんの工事初期段階だということがわかります。



宗谷側から船の科学館を方をみた現場風景。
船の科学館本館が閉館中もあって、ゆりかもめ線の『船の科学館駅』に下車する人もなく、またこの辺りを歩いている人もなく、天気も悪く…まだ何もないので、ここが新しい東京の海の玄関口になると言われても想像がつきません。

ただ一つ言えるのは、船の科学館駅から徒歩3分圏内で新客船ふ頭ターミナルに到着します。(ターミナル建物はまだその先になりますが)その他のアクセスはおそらくバスになるのだろうと思います。
このあたりからダイバーシティ、ビーナスフォートなどの商業施設が見え、隣駅には大江戸温泉などがありますがどこも実際に徒歩では結構な距離です。

平成27年12月25日に発表された東京都港湾局の概要は以下の通りです。
【ターミナルビルの構造等】
・鉄骨造4階建(最高高さ 約35メートル)
・計画面積 約15,000平米メートル

【ターミナルビルの特徴】
・「海の波」「船の帆」「日本の伝統的な屋根のそり」をイメージ
・高い天井とトップライトからの自然採光による開放的な空間
・木材を使用した日本らしさの創出
・大屋根を活用して太陽光発電等の自然エネルギーの活用

22万トン級の大型客船の着岸もOKという期待の新ふ頭ができることによって超大型クルーズ船が来る日ももう3年は切った、ということですね。

関連記事:【news】2020年東京オリンピック、クルーズ船をホテルに
関連記事:【news】モノ消費からコト消費へ!増えるクルーズ旅行ツアー