クルーズ港見学」カテゴリーアーカイブ

東京国際クルーズターミナル建設予定地を見学-3|開業日決定&スペクトラム・オブ・ザ・シーズが第1船に

東京国際クルーズターミナル建設予定地の見学

2017年12月から4ヶ月ごとに東京国際クルーズターミナル建設予定地(旧:東京新客船ふ頭ターミナル(仮))に5ヶ月ぶりに行ってみました。


(画像引用:東京国際クルーズターミナルHP)
船の科学館あたりから見える以下の写真は、↑完成予想図ではターミナルへの曲線道路の部分だと思われます。


2018年9月現在。道路を作業トラックが往来していました。


前回2018年4月。道路に厚みがないですね。


前々回2017年12月。道路部分がなくゲタが出ているのみです。


前回2018年4月ゆりかもめから撮影したターミナルへの道路の全体画像。

今回2018年9月にゆりかもめから見た東京国際クルーズターミナルの工事現場の動画です。高いところからみると道路の先、ターミナル建物、桟橋になるあたりの工事も進んでいるのがわかります。

今回は船の科学館の反対側、初代南極船・宗谷が展示してある側からも撮ってみました。


宗谷側を歩いていると新客船ふ頭整備事業インフォメーションセンターがありました!建物を撮ってくるのを忘れましたが、建物は2階建の現場事務所といった感じです。

今回時間がなくて見学できませんでしたが、次回は寄ってこようと思います!建物の屋上が展望台になっていて新東京国際クルーズターミナルがぐるっと見渡せると思います。


9・10月の開館予定表です。日月は休館のようです。

何度か足を運ぶと工事の進捗状況がわかるのですが、後2年弱で東京国際クルーズターミナルができるのだろうか…と思ってしまいます。
ゆりかもめ沿いを見渡すと今2020年東京オリンピックに向けて有明付近は各競技場の建設真っ只中です。
築地市場もいよいよ開業しますしこの辺りは一気に人が増えそうです。

東京国際クルーズターミナルの開業日と第1船が決定!

9月7日に東京都が発表!
開業:2020年7月14日(火)
開業第1船:スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

 ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが誇るクァンタムクラス(約16万トン級)をさらに進化させた、またなんかスゴイ!クルーズ船です。詳細を説明するよりも紹介映像をみた方が早いのでぜひご覧下さい。

◉シップデータ
総トン数:168,666トン
全長:347m
乗客定員:4,246人
就航年:2019年4月

就航年が来年4月で処女航海はバルセロナ発ドバイ着とされており、シンガポール発着クルーズを経て同年6月から上海を母港とする予定です。同年冬季は香港発着クルーズの実施が決まっています。

日本への寄港は長崎、福岡、鹿児島、沖縄など予定されているということです。

ロイヤル・カリビアンの船でオベーション・オブ・ザ・シーズに続く2隻目のアジア配船となるということなので中国仕様のクルーズ船なのでしょう。

東京国際クルーズターミナル発着か片道のクルーズが発売される可能性もありますね。今後も楽しみなニュースです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学-2|東京臨海副都心|豊洲複合ビル

東京臨海副都心に2020年に開港予定の『新客船ふ頭ターミナル』の建設現場を再び訪れてみました。

前回は2017年12月小雨が降る中訪れました。とても寒かった印象があります。その時の記事はコチラ↓から。

関連記事:東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学|東京臨海副都心

昨日訪れた時にはこんな感じになっていました。強風に煽られまくりました。

近くで見ると前回と変わらない感じですが、ゆりかもめからみると…



ゆりかもめ車内から見た動画はコチラ

前回訪れた時に出ていた工事看板には『新客船ふ頭連絡通路の新設工事』とあって工事の終了は3月中旬となっていました。今回この周辺で工事作業が行われている様子もなかったので連絡路の新設工事は終了していたのかもしれません。

ふ頭はこの先にできる予定だと思います。上の2枚目、3枚目に写っている通路の先の海上に重機があり、その周辺にクイが打たれているのが見えます。そのあたりが新客船ターミナルになる部分ではないでしょうか。

ここに大きいクルーズ船が入ってくるかと思うとワクワクしてきます!

関連リンク:東京都新客船ふ頭ターミナルの概要について

豊洲駅周辺:複合ビル建設工事

コスタネオロマンチカなどのクルーズ船が現在入港する東京港からも近く、また上記の新客船ふ頭ターミナルにも近い東京・豊洲駅。
全国的には築地市場移転先としてもその名は有名になっているところです。30年前にはここで自動車運転の練習をしたものです。

私は2006年に旧石川島播磨造船ドック跡地に建った『ららぽーと豊洲』が好きでそれから10年以上年に何度か遊びに来ていました。
最初はららぽーととマンションがぼちぼちあって、何もないけれどこれから何かできそうな場所…が10年後にはマンションが増え、人が増え…そして行きつけのお店のこちらに移転し、と今ではすっかり通うペースも増えました。

豊洲駅を出てすぐの昔消防署があった交差点角に今建設中の建物があります。



ホテルが建つとは聞いていましたが、店舗・オフィスなども含む複合施設になるようです。ららぽーと豊洲ともデッキでつながるようなので行き来が便利そうです。

関連リンク:ニュースリリース・豊洲二丁目駅前地区第1種市街地再開発事業2-1街区

豊洲周辺には来たる東京オリンピックの会場となる場所が多く、東京港(晴海)には選手村も建設中ですが、オリンピックに向けての宿泊施設が少ないということで、ホテルシップの検討もあるようです。

関連リンク:東京都2020年オリンピック期間中に東京港に”ホテルシップ”運営事業者の公募を開始(日本経済新聞 2018.4.7)

新客船ふ頭ターミナルができることで、国内外の観光客が増えるとさらに豊洲の街も活気付くような気がします。

また時間をおいて見に行ってみたいと思います。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

シンガポール旅行記(8):シンガポール・クルーズ・センターを見学

シンガポール滞在3日目。
シンガポールの蒸すような暑さにだいぶ慣れてきました。
前日にマリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールを訪れたので、シンガポールのもう一つのポートターミナルであるシンガポール・クルーズ・センターへも行ってみることになりました。

関連記事:シンガポール旅行記(7):マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールを見学

セントーサ島に隣接するクルーズセンター

シンガポール・クルーズ・センターはユニバーサルスタジオ・シンガポール、世界最大の海洋水族館などがあるセントーサ・ハーバーフロント地区に位置している国際クルーズセンターです。


地下鉄ベイフロント駅の改札口を出るとモール街にすぐ出て人並みに沿って歩いて行くとクルーズ船、フェリーなどの搭乗口に出ました。


マリーナベイ・クルーズセンターとは真逆でととても賑わっていました。シンガポール最大級のショッピングモール、ショップ、レストランや映画館にフィットネススタジオ、託児所などがあり時間を持てますことなくこの周辺で過ごせそうです。


クルーズ船はオーシャニアクルーズ・プレミアム船のノーティカ号が停泊中でした。



クルーズ船搭乗口は閑散とした様子。寄港し手間もない時間だったので戻ってくる乗客はまだいないのでしょう。


一方インドネシア方面などへのフェリー口周辺の待合室は人でごった返していました。何故こんなに人が多いのか…そして人が多いのに搭乗口周辺のショップが軒並みシャッターが降りていたのかはまだこの時私たちには理解できませんでした。


フードコート何軒かありましたが、どこも閑散としています。そしてどこの似たり寄ったりのフード…。


日本製品を扱うお店もありました。100均とニトリの中間くらいの品物がありました。


土産物店は招き猫推し。何故?…まだここでもその理由がわからず。

シンガポール2つのクルーズセンターの違い

シンガポールクルーズセンターとマリーナベイクルーズセンターの違いは建物の「古い」「新しい」ことはもちろんのこと、賑わい、船の種類、行き先の違いなど一目瞭然ですが、こちらのシンガポール・クルーズセンターでは高さ52メートルを超える大型客船が停泊できないことが大きな違いとなっているようです。



マリーナベイクルーズセンターは、近年のクルーズ観光の需要に伴いシンガポールの主要な新たなクルーズ拠点として2012年に開業しました。
チャンギ空港へのアクセスやマリーナ地区のホテル、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどの施設、繁華街のオーチャードへのアクセスが容易となっています。

確かに、そうなのですがマリーナベイクルーズの記事でも触れたようにクルーズセンターから地下鉄最寄り駅まで歩くし、地下鉄に乗るのも慣れないと面倒で、実際にマリーナサウスピア駅で乗船客であろう欧米人の老夫婦に地下鉄のチケットの買い方を聞かれました。

それに比べてシンガポールクルーズセンターは、降りたらショッピング、レストラン、アミューズメントなどが揃って便利そうでどちらも甲乙付け難くそれぞれも魅力あるクルーズセンターだと思いました。

2017年12月よりアジア初のプレミアムクルーズブランド、ドリームクルーズのゲンティンドリームがシンガポールを母港として定期運行されることが発表されています。今後どちらのクルーズセンターも賑わうことでしょう。

連休前の大移動・旧暦の大晦日

シンガポールクルーズセンターへ行った後に地下鉄でチャイナタウンへ行きました。

地下鉄改札口を登ると、一面中国な風景。アメ横の雰囲気に似ています。「チャイナタウンってこんなに人気のあるエリアなの?」と呑気にブラブラしていましたが、だんだん「ひょっとして春節が近いの?」というかなり遅い気づき…。


この日は旧暦正月の前日大晦日でした。道理で年末のアメ横の雰囲気プンプンだと思いました。いろんな食品を売る屋台が並び大袋単位で皆さんお買い物です。だんだんと人酔いと独特の臭い、暑さに体力が奪われてきました。



春節でも『戌年』。年末の雰囲気にうだるような暑さ、半袖短パンの人の往来が不思議な光景でした。
シンガポールクルーズセンターでフェリー乗り場の人がごった返していたのは故郷に戻る人や観光旅行の人、シャッターがしまっていたのはショップも皆休みに向けて閉店だった…という訳で合点がいきました。

大晦日の地元パワーおそるべし!私たちは早々に人混みを抜けてホテルへと戻りました。

シンガポール旅行>>多彩なプラン>>JTB

他のクルーズ旅行記をいますぐ読む!☆旅行ブログ 船旅

シンガポール旅行記(7):マリーナベイ・クルーズセンター・シンガポールを見学

シンガポールに来たからには、2つのクルーズターミナルに是非とも言ってみたいと思っていました。

マリーナ地区からマリーナサウスピア駅へ



ガーデンズ・バイ・ザ・ベイからマリーナベイクルーズセンターを見たときは遠く感じたのですが、マリーナベイクルーズセンターの最寄り駅マリーナサウスピア駅はマリーナベイサンズ下の駅、ベイフロント駅からは1駅という近さでした。


ベイフロント駅で地下鉄を待ちます。シンガポールの地下鉄、本当に綺麗です。


もちろん車内も「掃除したて?」と思うほど綺麗。車内での飲食は禁止されているようで、違反すると罰金が取られるようです。日本の感覚で飲み物を飲まないように注意していました。


マリーナサウスピア駅の構内も広くて綺麗です。平日昼間とあって閑散…というか誰もいません。



マリーナベイクルーズセンターに近い地上出口を出ると、もう迷うことなく目の前にマリーナベイクルーズセンターへの屋根付き通路が見えるのでそこをひたすらクルーズセンターに向かって歩くだけです。


この通路は約500mほどでゆっくり歩いても10分もかからずでクルーズセンターまで歩いていけます。




芝生の真ん中に通路があって、なんだか不思議な感じです。駅周辺にはコンビニも何もありません。

シンガポールマリーナベイクルーズセンター


屋根付き通路を抜けると入り口にたどり着きます。




1階は到着口、バゲージチェック、コーチ、タクシー乗り場などがありこの閑散とした場所を通り抜けてセンターに入って行くしかない?のでしょうか。その辺りは不明ですが、地下鉄から歩いてくると最短ルートだと思います。


ポケストップがこんなところに!


2階は出国フロアになっていて天井が高い広々とした空間でしたが…両替ブース、お菓子、ジュース、ホットフードなどが売られている売店、ワトソンズ(雑貨店)、ビジターセンターなどしかなくシンプルでした。


船に戻る乗船客が増えてきました。オプショナルツアーから帰ってきたところのようです。


売店と両替コーナーが並びであります。この中にお土産物的な商品はポストカードやキーホルダーぐらいでした。
蒸し暑い中歩いてここまできたので炭酸飲料が飲みたくなってファンタグレープのペットボトルを1本買いましたが、3ドル(約240円)以上したのにビックリ。日本だったら240円じゃ350ml缶のビール買えちゃう…物価の高さを実感しました。


アジアでお馴染みワトソンズのミニミニ店がありました。推し商品は、ポケットティッシュと男女紙パンツのようです。買う人が多いのでしょうか?店内を除くと、化粧品などの類よりはもっと変換プラグなどトラベルショップ的な商品が多かったです。


マッサージ機がわかりづらい位置にありました。


マジェスティック・プリンセスの記念写真用パネルもありました。

今後はどうなるかはわかりませんが、現時点ではマリーナベイクルーズセンターと周辺にはお店や飲食できる類のお店は何もないことがわかりました。いつかここからクルーズ船に乗船する機会があるのなら、乗船に必要なものはシンガポールの街で購入しておくべきだと思いました。


来た道を戻り、反対側の港にも行ってみました。



ドメスティック船のターミナルのようでした。このターミナル周辺にはちょっとしたお店はありましたが観光客向けではない感じではなかったです。

蒸し暑さの中、ドロドロに疲れてはいましたがこの後ガーデンズ・バイ・ザ・ベイまで戻りOCBCスカイウェイに登りに行きました。

関連記事:シンガポール旅行記(7):ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを散策

 

ラサプーラマスターズで夕食


普段一日15,000歩前後歩いているので、歩くことには慣れていますが蒸し暑さで夕方5時前には体力消耗、疲労困憊…とにかく炭酸が飲みたいということでマリーナベイサンズ下のフードコート、ラサプーラマスターズでビール!

フードコートではタイガービールが1本5ドル(約400円)以上!2本で11ドルでお釣りがきたのでその高さにびっくりです。しかも330mlで小さい。


主人が食べたシンガポールチキンライスは8ドル弱。前より高くなったように思います。


暑さで食欲がなく私は牛肉と平たい麺の甘めのソースがけ。見た目想像通りの味である意味「ホッ」とします。こちらはスモールサイズで7ドル弱。


普段はデザートを食べないのですが、とにかく甘いものと冷たいものが食べたい衝動が抑えられずカメゼリーの豪華版。4ドル程。


このラプサラーズフードコートは綺麗で広いですが、入っているお店の種類としては多くはないかもしれません。しかし、シンガポールのフードコートの定番料理は食べられます。同じ並びに日本のラーメン屋さん一風堂、スタバなどもありました。

フードコートの横には広場があり自由に中に入れるようです。以前秋頃に来た時にはこの場所はスケートリンクになっていました。

日本との寒暖差にようやく慣れて来たことに1日が終了。明日に向けて体力温存に努めて早めに休みました。

>>シンガポール旅ではJTBラウンジでお世話になりました>>JTBで安心旅

十人十色のクルーズ旅行記をいますぐ読む!☆旅行ブログ 船旅

 

 

 

 

東京新客船ふ頭ターミナルビル建設予定地を見学|東京臨海副都心


先週、近くを通ったので2020年に完成予定の東京お台場にできる新客船ふ頭ターミナル建設予定地を見てきました。

すでに工事は始まっており、小雨が降るこの日も工事の真っ最中でした。場所は、船の科学館(現在本館は2011年より閉館中)のすぐ目の前でした。船の科学館の本館建物は現在もそのまま残されています。「船の型をしている」とは思っていたのですが、クィーンエリザベス号がモチーフになっていることは知りませんでした!


工事看板によると現在の工事は、新客船ふ頭の連絡通路取り付け部のようです。船の科学館本館と屋外展示船『宗谷』の間に作られていました。



この連絡通路取り付け部が海の方まで曲線を描き伸びていて、どういう形になるのかさえイマイチわかりませんでした。
と、思ったらYou tubeに東京港・新客船ふ頭ターミナルのプロモーション映像がありました。こちらを見ると、まだまだほんの工事初期段階だということがわかります。



宗谷側から船の科学館を方をみた現場風景。
船の科学館本館が閉館中もあって、ゆりかもめ線の『船の科学館駅』に下車する人もなく、またこの辺りを歩いている人もなく、天気も悪く…まだ何もないので、ここが新しい東京の海の玄関口になると言われても想像がつきません。

ただ一つ言えるのは、船の科学館駅から徒歩3分圏内で新客船ふ頭ターミナルに到着します。(ターミナル建物はまだその先になりますが)その他のアクセスはおそらくバスになるのだろうと思います。
このあたりからダイバーシティ、ビーナスフォートなどの商業施設が見え、隣駅には大江戸温泉などがありますがどこも実際に徒歩では結構な距離です。

平成27年12月25日に発表された東京都港湾局の概要は以下の通りです。
【ターミナルビルの構造等】
・鉄骨造4階建(最高高さ 約35メートル)
・計画面積 約15,000平米メートル

【ターミナルビルの特徴】
・「海の波」「船の帆」「日本の伝統的な屋根のそり」をイメージ
・高い天井とトップライトからの自然採光による開放的な空間
・木材を使用した日本らしさの創出
・大屋根を活用して太陽光発電等の自然エネルギーの活用

22万トン級の大型客船の着岸もOKという期待の新ふ頭ができることによって超大型クルーズ船が来る日ももう3年は切った、ということですね。

関連記事:【news】2020年東京オリンピック、クルーズ船をホテルに
関連記事:【news】モノ消費からコト消費へ!増えるクルーズ旅行ツアー