見学・説明会参加記」カテゴリーアーカイブ

【news】セレブリティ・ミレニアム日本発着クルーズ区間割引&一人利用料改定

2019年9月22日-10月2日横浜発着『関門海峡と日本の景勝地巡り11日間』クルーズにおいて区間乗船割引の設定と1室1人利用時の追加料金の改定を発表しました。

料金改定の内容

[st-step step_no=”1″]一律1名15,000円の割引[/st-step]
パンフレット記載の区間乗船を希望する人には、客室・乗下船地に関わらず旅行代金より1名一律15,000円の割引が適用される。


(画像引用:セレブリティ・ミレニアム『秋の日本周遊クルーズ』デジタルパンフレット)

◉区間乗船が可能に
区間乗船を利用して日程を短縮することができます。お忙しい方、長期の休暇が難しい方には是非ご利用下さい。
【例】9/22横浜乗船→9月28日金沢下船(6泊7日)
*広島・北九州・釜山からの乗船、釜山・舞鶴・秋田・青森での下船など区間乗船がご利用になれます
(引用『セレブリティ・ミレニアム2019秋の日本周遊クルーズ』パンフレット)

[st-step step_no=”2″]1室1人料金が値下げ[/st-step]
1室1人旅行代金が200%→150%へと改訂。
別途かかる諸費用については変更はありません。

(画像引用:セレブリティ・ミレニアム『秋の日本周遊クルーズ』デジタルパンフレット)

早期予約特典

1st Chance:オンボードクレジット1室300ドル(2019年1月31日までの申し込み)
2nd Chance:オンボードクレジット1室200ドル(2019年3月29日までの申し込み

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″]まとめ[/st-minihukidashi]
春秋に運行される日本発着のセレブリティ・ミレニアム自主クルーズは10〜14日間と他の外国船よりも期間の長いクルーズです。その為現役世代は仕事の休みが取りづらく乗船機会も失われがちです。
上記の区間乗船可能対象クルーズは2019年シルバーウィークをカバーしているクルーズなので連休を利用、区間乗船を利用すれば乗船できる可能性は高いかと思われます。

1人一律15,000円の区間乗船割引が適用となってもプレミアム船ゆえに元々の旅行代金が高いのでお得感はないのが残念。乗船区間での割引幅があればよかったかなぁというのが個人の感想です。

▶︎セレブリティ・ミレニアム『秋の日本周遊クルーズ』デジタルパンフレット
▶︎外国プレミアム船 クルーズカレンダー

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

コスタベネチアの船内にゴンドラが流れる!|2019年GW日本発着クルーズ決定

船内に運河が!ゴンドラが流れる!

先日乗船したコスタネオロマンチカの船内でコスタクルーズの新造船、コスタベネチアの説明でのお話です。
ベニスの街をテーマにしたコスタベネチアは「船の中にゴンドラが流れる」ということで驚きました。

レストランの中に運河がありそこにゴンドラが流れるということです。他にもゴンドララウンジにもゴンドラがあるということなので非常に楽しみですね〜!

個室カラオケも設置されるようです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅


【11.02最新ニュース】にっぽん丸2018年X’masクルーズ追加|2019年4月〜9月クルーズ発表

2018年横浜発着クリスマス・ワンナイトクルーズが追加販売

『クリスマスクルーズよこはま』
2018年12月8日(火)〜12月9日(水)
寄港地:なし
ゲスト:サックス奏者MALTAさん
47,000円〜198,000円
トリプルキャンペーン割引実施(3人利用割引)

にっぽん丸の2019年4月〜9月のクルーズ日程発表

予約受付開始は11月28日(水)9時30分〜
パンフレットは11月19日(月)完成予定。

☆にっぽん丸クルーズカレンダーで確認

ウィークエンド 博多ワンナイトクルーズ』
2019年4月6日(土)~4月7日(日)2日間
45,000円~205,000円

『ウィークエンド 横浜ワンナイトクルーズ』
2019年5月11日(土)~5月12日(日)2日間
46,000円~206,000円

『初夏の名古屋・宿毛・鹿児島クルーズ』(名古屋発/鹿児島着)
2019年5月22日(水)~5月24日(金)3日間
寄港地:宿毛
80,000円~390,000円

『博多発着 輪島花火と隠岐の島』
2019年5月31日(金)~6月3日(月)4日間
寄港地:輪島・隠岐(西郷)
135,000円~620,000円

『飛んでクルーズ九州 ~屋久島プレミアム~』
(博多発着)
2019年6月3日(月)~6月6日(木)4日間
寄港地:屋久島
130,000円~619,000円

『広島発着 上五島・奄美大島クルーズ』
2019年6月7日(金)~6月10日(月)4日間
寄港地:上五島・奄美大島(名瀬)
140,000円~632,000円

『博多・出雲大社・金沢クルーズ』(博多発/金沢着)
2019年6月18日(火)~6月20日(木)3日間
寄港地:大社
78,000円~390,000円

『金沢発着 花の礼文島と白神山地クルーズ』
2019年6月20日(木)~6月24日(月)5日間
寄港地:礼文島・能代
182,000円~820,000円

『新潟発着 夏の利尻・奥尻クルーズ』
2019年6月29日(土)~7月2日(火)4日間
寄港地:利尻島・奥尻島
136,000円~619,000円

『夏の久慈・横浜ゆったりワンナイトクルーズ』
(久慈発/横浜着)
2019年7月12日(金)~7月13日(土)2日間

39,000円~195,000円

『にっぽん丸 花火大会と青ヶ島周遊クルーズ 鳥羽花火・大洗花火』
(横浜発着)
2019年7月24日(水)~7月28日(日)5日間
寄港地:鳥羽・大洗
183,000円~825,000円

『夏休み にっぽん丸ファミリークルーズ 横浜・清水』
(横浜発/清水着)
2019年7月30日(火)~7月31日(水)2日間
39,000円~193,000円

『東北夏祭りクルーズ』(横浜発着)
2019年8月2日(金)~8月7日(水)6日間
寄港地:秋田・青森
242,000円~1,085,000円

『夏休み 館山花火クルーズ』(横浜発着)
2019年8月7日(水)~8月9日(金)2泊3日
寄港地:館山
93,000円~414,000円

『済州島と海峡花火・阿波おどりクルーズ』(横浜発着)
2019年8月9日(金)~8月16日(金)8日間
寄港地:神戸・済州島・下関・徳島
323,000円~1,436,000円

『夏休み 熊野大花火大会と徳島クルーズ』(四日市発着)
2019年8月17日(土)~8月19日(月)3日間
四日市~徳島~四日市
105,000円~470,000円

『飛んでクルーズ北海道 Aコース』(小樽発着)
2019年8月30日(金)~9月2日(月)4日間
寄港地:利尻島・羅臼
117,000円~590,000円

『飛んでクルーズ北海道 Bコース』(小樽発着)
2019年9月2日(月)~9月5日(木)4日間
寄港地:利尻島・羅臼
117,000円~590,000円

『飛んでクルーズ北海道 Cコース』(小樽発着)
2019年9月5日(木)~9月8日(日)4日間
寄港地:利尻島・羅臼
117,000円~590,000円

『飛んでクルーズ北海道 Dコース』(小樽発着)
2019年9月8日(日)~9月11日(水)4日間
小樽~礼文島~羅臼~小樽
117,000円~590,000円

『飛んでクルーズ北海道 Eコース』(小樽発着)
2019年9月11日(水)~9月14日(土)4日間
寄港地:礼文島・羅臼
117,000円~590,000円

『初秋のサハリンクルーズ』(小樽発着)
2019年9月14日(土)~9月16日(月)3日間
寄港地:コルサコフ
90,000円~411,000円

『横浜・名古屋ワンナイトクルーズ』
(横浜初/名古屋着)
2019年9月23日(月)~9月24日(火)2日間
39,000円~193,000円

※代金は2名1室利用の1人分

船上からクァンタム・オブ・ザ・シーズを見学|赤レンガ倉庫横浜クルーズに乗船

横浜新港ふ頭の工事現場を見学してからインターコンチネンタルホテルまで戻り、同じく新しいふ頭へと整備中の山下ふ頭の方まで行ってみるかな…と思ってはみたものの、反対側にいる自分に気づく…。

関連記事:横浜新港地区客船ターミナル(仮)見学|Yokohama Pier9|ヨコハマハンマーヘッドプロジェクト

インターコンチからみなとみらい駅まで行きみなとみらい線に乗って行くもの、はたまたこの場所から歩いて山下公園方面まで行くのも中途半端に暑かったこの日には選択肢から外れた。


ケーキが美味しかったので味わいつつともダラダラと次の行動を考えていると、ツイッターで大黒ふ頭にクァンタム・オブ・ザ・シーズがこの日停泊しているらしいとの情報をキャッチ!

そういえばさっき赤レンガ倉庫から大黒ふ頭付近を周遊する船が出ていたことを思い出し急いで調べてみると後30分後に出航する船があるとのことで…残っていたショートケーキを頬張って移動することにした。席といい、ケーキといいもったいなかった…。

今さっき歩いた道を今度は小走りに戻り赤レンガ倉庫横浜クルーズに乗船することができました。

赤レンガ倉庫横浜クルーズ

WEBサイト:赤レンガ倉庫 横浜クルーズ
運行ルート:赤レンガ倉庫→大桟橋→山下公園→ベイブリッジ→ガントリークレーンのエリア→大黒ふ頭→ベイブリッジ→ペリーポイント→赤れんが倉庫。
乗船時間:45分
料金:大人1,200円 ,中高生800円,小学生600円
出航時間:10:30-、11:30-、13:00-、14:00-、15:00-
出航曜日:水〜金、土日祝日
運休:月・火曜日
乗下船場所:ピア赤レンガ桟橋
予約可能:予約が電話またはwebでも可能のようです→こちら


出発桟橋から目の前に大桟橋に停泊中のにっぽん丸がよく見えました。よく見えたけれど、この赤レンガ倉庫付近から大桟橋に行くにはぐるっと大回りしなくてはならないんですよねー。


このあと、津に向けてに向けて出発予定だったにっぽん丸。


反対側のバースには大桟橋で初めてみる帆船が停泊中でした!練習帆船『海王丸』9月7日に舞鶴港を出てウラジオストクから横浜港へ帰港したようです。


大桟橋屋上は「くじらのせなか」という愛称(2006年一般公募から決定)があることを知りませんでした。内側室内は「くじらのおなか」というらしいですね。イギリス人建築家による設計で「屋根は部分は海のうねり」を表しているそうです。(『構造デザインマップ東京』総合資格学院出版より)
遠くに山下ふ頭あたりが見えましたが、工事車両は見えたものの大きな変化はないように見えました。


この日ベタ凪でしたがクルーズ船に乗ると左右に不快な揺れを感じ、常時携帯している”酔い止め”が活躍しました。



ベイブリッジを超えてすぐにガントリークレーンエリアが広がります。クルーズのガイドさんによると、ガントリークレーン一基なんと10億円なんだそうです!これにはビックリ!!

ここから船体をぐるりベイブリッジの方に向き直すと大黒ふ頭に停まっているクァンタム・オブ・ザ・シーズが正面から見えました。


おぉ!大きい!…けれどこれより大きいハーモニーに乗船しているので正直最初印象は「思っていたよりそうでもない」でした。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ:シップデータ

総トン数:168,666トン
全長:347.08m
型幅:41.40m
初就航:2014年11月

22万トン級のオアシスクラスの次のクラス、16万トン級のクァンタムクラスの第一船。海面上90メートルも高い位置から展望できるクレーンカプセルやスカイダイビングシュミレーターなど魅力的施設満載のクルーズ船。2015年から通年で中国発着クルーズを運航中です。
一度は乗船してみたいクルーズ船の一つです。



名残惜しいですが船は赤レンガ倉庫へと戻りつつあります。


発着桟橋に戻る途中、先ほど陸から見学していた新港ふ頭の工事現場が海側からみることができました!

関連記事:横浜新港地区客船ターミナル(仮)見学|Yokohama Pier9|ヨコハマハンマーヘッドプロジェクト

クァンタム・オブ・ザ・シーズを見る目的で横浜クルーズに乗船しましたが、思いがけず工事現場を海側から見ることができてラッキーでした。

大黒ふ頭に大きな船が停泊している時は、船内見学会があれば申し込むか、フリーで見たい場合はこのようなクルーズ船に乗るしか見ることができません…。マジェスティック・プリンセスの時も同様でした。

関連記事:マジェスティック・プリンセス海上観覧クルーズ体験(1)
関連記事:マジェスティック・プリンセス海上観覧クルーズ体験(2)


今回は専属カメラマン(主人)が同行していなかったので、写真を撮ることに集中していてクァンタム・オブ・ザ・シーズの間近まで行ったのに実物をあまり直視していないことに帰ってから気がつきました…。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

東京国際クルーズターミナル建設予定地を見学-3|開業日決定&スペクトラム・オブ・ザ・シーズが第1船に

東京国際クルーズターミナル建設予定地の見学

2017年12月から4ヶ月ごとに東京国際クルーズターミナル建設予定地(旧:東京新客船ふ頭ターミナル(仮))に5ヶ月ぶりに行ってみました。


(画像引用:東京国際クルーズターミナルHP)
船の科学館あたりから見える以下の写真は、↑完成予想図ではターミナルへの曲線道路の部分だと思われます。


2018年9月現在。道路を作業トラックが往来していました。


前回2018年4月。道路に厚みがないですね。


前々回2017年12月。道路部分がなくゲタが出ているのみです。


前回2018年4月ゆりかもめから撮影したターミナルへの道路の全体画像。

今回2018年9月にゆりかもめから見た東京国際クルーズターミナルの工事現場の動画です。高いところからみると道路の先、ターミナル建物、桟橋になるあたりの工事も進んでいるのがわかります。

今回は船の科学館の反対側、初代南極船・宗谷が展示してある側からも撮ってみました。


宗谷側を歩いていると新客船ふ頭整備事業インフォメーションセンターがありました!建物を撮ってくるのを忘れましたが、建物は2階建の現場事務所といった感じです。

今回時間がなくて見学できませんでしたが、次回は寄ってこようと思います!建物の屋上が展望台になっていて新東京国際クルーズターミナルがぐるっと見渡せると思います。


9・10月の開館予定表です。日月は休館のようです。

何度か足を運ぶと工事の進捗状況がわかるのですが、後2年弱で東京国際クルーズターミナルができるのだろうか…と思ってしまいます。
ゆりかもめ沿いを見渡すと今2020年東京オリンピックに向けて有明付近は各競技場の建設真っ只中です。
築地市場もいよいよ開業しますしこの辺りは一気に人が増えそうです。

東京国際クルーズターミナルの開業日と第1船が決定!

9月7日に東京都が発表!
開業:2020年7月14日(火)
開業第1船:スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

 ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが誇るクァンタムクラス(約16万トン級)をさらに進化させた、またなんかスゴイ!クルーズ船です。詳細を説明するよりも紹介映像をみた方が早いのでぜひご覧下さい。

◉シップデータ
総トン数:168,666トン
全長:347m
乗客定員:4,246人
就航年:2019年4月

就航年が来年4月で処女航海はバルセロナ発ドバイ着とされており、シンガポール発着クルーズを経て同年6月から上海を母港とする予定です。同年冬季は香港発着クルーズの実施が決まっています。

日本への寄港は長崎、福岡、鹿児島、沖縄など予定されているということです。

ロイヤル・カリビアンの船でオベーション・オブ・ザ・シーズに続く2隻目のアジア配船となるということなので中国仕様のクルーズ船なのでしょう。

東京国際クルーズターミナル発着か片道のクルーズが発売される可能性もありますね。今後も楽しみなニュースです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

【news】MSCスプレンディダ2019年日本発着クルーズ販売開始!

MSCクルーズが保有するクルーズ船の中では最大級のMSCスプレンディダは今年のGWに日本発着クルーズを運行し今年は上海片道クルーズや日本発着クルーズなど数本が予定されています。


関連記事(1):MSCスプレンディダ船上見学会&クルーズ説明会(1)-山下ふ頭から大黒ふ頭へ

関連記事(2):【news】通販ジャパネットが旅行業に参入!MSCスプレンディダのクルーズを販売予定

2019年GW&SWクルーズに設定

幅広い年齢層を対象にした2019年のMSCスプレンディダのクルーズはまとまった休みが取りやすいゴールデンウィークとシルバーウィークに設定され、特別企画のシートクルーズも予定されているという。

ゴールデンウィーク リゾートクルーズ 10日間

◉日程:2019年4月27日(土)~5月6日(月)
◉コース:横浜ー大阪ー基隆ー那覇または中城ー鹿児島ー横浜
◉クルーズ代金:14万9800円(内側)~

シルバーウィーク 日本周遊 8日間

◉日程:2019年9月14日(土)~22日(日)
◉コース:横浜ー酒田ー金沢ー釜山ー鹿児島ー横浜
◉クルーズ代金:10万9800円(内側)~

ショートクルーズ 横浜ー上海  4日間

◉日程:2019年6月2日(日)~5日(火)
◉コース:横浜ー上海

ショートクルーズ 横浜ー天津 6日間

◉日程:2019年10月18日(金)~23日(水)
◉コース:横浜ー長崎ー釜山ー天津

片道ショートクルーズは横浜→上海はもう何本か運行されていますが、横浜→天津とはお初お目見えコースですね!両ショートクルーズの詳細は後日発表予定だそうです。
8日間というコンパクトな日程の日本周遊クルーズも新しいコースです。

ジャパネットによるチャータークルーズも発表済み


通販会社ジャパネットも2019年5月〜6月、9月〜10月とチャータークルーズが決定し既に販売が開始されています。

2020年に新造船MSCベリッシマが日本配船になるとMSCスプレンディダは中国配船となるので、スプレンディダで日本発着を楽しむなら2019年までとなる可能性が高いでしょう。

関連記事(3):【news】MSCクルーズ|2020年ベリッシマを日本に配船|リリカは東京五輪時にホテルシップに

今年から急に露出が高くなったMSCスプレンディダ。その勢いが止まらない、といった感じです。

今まではGWに乗船できる「クルーズ船があれば乗りたい」という乗船日重視でしたが、最近は日本発着の外国船もGW、SWに長めのクルーズを当ててきているので、GWのクルーズも船選びができるようになったのが嬉しい限りです。

2019年GWの日本発着クルーズは、クィーン・エリザベス 、MSCスプレンディダ、コスタベネチア、ノルウェージャン・ジュエル、ダイヤモンド・プリンセス、コスタネオロマンチカ 、にっぽん丸、飛鳥IIなど…あげてみるとこんなに多いクルーズ船に乗船できるチャンスがあると思うとすごいなぁと思います。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

7/10追記あり【news】新造船コスタ・ベネチア日本初入港&日本発着JTBチャーターツアーが決定!|上田寿美子氏が語る説明会もあり



【7/10 緊急追記】
7月10日午前10時から申し込みが開始されました!
申し込みのプチ情報は下記関連記事にて。

関連記事:2019年GWコスタベネチア日本発着クルーズ販売開始|JTB旅物語貸切チャータークルーズ

新造船コスタ・ベネチアをJTBがチャーター!

昨夜遅くにネットで一報を知り驚き!です。
来年2019年3月デビュークルーズを予定しているコスタクルーズの新造船『コスタ・ベネチア』はマルコポーるが旅した航路をたどり全52泊世界18カ国25の港へ寄港し、最終寄港地は東京大井ふ頭だというニュースが今年4月に発表されていました。

日本に到着するのが2019年4月29日、そこからどこへ行くのだろう?と思っていたら、なんとJTBさんがコスタ・ベネチアをチャーターしてクルーズをするというではありませんか!
イタリア船籍の新造船を日本の旅行会社が初チャーター!コスタ・ベネチアはコスタクルーズ市場最大級(135,500トン)のクルーズ船とのことです。

コスタ・ベネチアで航く憧れの台湾・鹿児島クルーズ8日間

出発日:2019年4月29日〜5月6日(8日間)
4/29 東京(大井埠頭) 18:00発
4/30 終日航海
5/1鹿児島
5/2終日航海
5/3台湾(基隆)
5/4,5終日航海
5/6東京(大井埠頭) 14:00

大井埠頭発着は初ではないでしょうか?また最終日の到着予定時間も14:00というパターンも珍しいかもしれません。

気になるクルーズ料金は?


海側客室以上・3〜4名1室の場合は3,4人目の13歳未満は無料となり、また3人目から大人の旅行代金も70,000〜150,000円となりかなりお得になるようです。上記旅行代金の他に港湾税、国際観光旅客税、船内チップが必要になります。

販売開始は7月10日(火) 10:00より電話にて一斉受付

関連記事:【news】クルーズ旅行にも影響?観光財源に「出国税」空港や港からの出国時運賃に上乗せ<中間案>

関連リンク: 国際観光旅客税について

JTBチャータークルーズによる船内オリジナルイベント

船内では通常のコスタクルーズの通常イベントに加え、JTBの各種オリジナルイベント、アクロバットやダンスのパフォーマンス、フラダンス教室などが予定されています。

昨年のニュースリリースではコスタ・ベネチアは中国市場向けの船ということだったので日本発着のクルーズは今後あるかどうかは不明です。また新造船に乗船できる機会もそうそうなですし、何と言ってもGWのクルーズなので申し込みは殺到しそうな予感です。

6月30日コスタ・ベネチア説明会

コスタ・ベネチアのこのクルーズに関する説明会が下記の日程で開催される予定です。上田寿美子さんのお話も聞けるそうです。

日時:2018年6月30日(土) 10:00-11:20
場所:東京・新宿ルミネゼロ
事前予約制 03-6902-5505

説明会で「販売前の予約はあるのか?」

よくクルーズ説明会に出席すると、終了直後に予約受付票を書く場合があるのでこのクルーズ説明会も「販売開始の前の予約」があるのか気になったのでJTBに問い合わせをしてみました。

「あくまでも販売は7月10日の電話での一斉受付だけで、説明会は説明会だけになります」ということでした。説明会に行くから有利ということではないようです。

JTBのニュースリリース→コスタ・ベネチアで航く!憧れの台湾・鹿児島クルーズ8日間




クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

2019年GWコスタベネチア日本発着クルーズ販売開始|JTB旅物語貸切チャータークルーズ


関連記事:7/10追記あり【news】新造船コスタ・ベネチア日本初入港&日本発着JTBチャーターツアーが決定!|上田寿美子氏が語る説明会もあり

本日発売のJTBチャータークルーズ コスタベネチアの販売が先ほど開始されました。10時から電話受付が開始されましたが、ちょっと過ぎにかけてみましたが『待ち』の状態になったのがびっくり…!

知り得たプチ情報を載せておきます。

コスタベネチア申込情報

プレミアム客室のシーティング

プレミアム客室は食事の時間帯が選べるのですが、申込時に1回目か2回目を選ばないといけないので申し込みの電話をかける前に決めておいたほうがいいと思います。後日に改めて申請ができないということです。

キャンセルについて

2019年1月29日まではキャンセルがかからないとのこと。1月30日から規定のキャンセル料が発生するとのことです。

JTB旅物語商品の特長

JTB旅物語は通信販売なので、JTB店舗での改めての手続きが不要で後日書類が送られてくるということなので自分で決済・処理できます。

諸費用

旅行代金と共に払う諸費用
ポートチャージ(港湾税):21,790円
国際観光旅客税:1,000円

関連リンク:国税庁|国際観光旅客税について

GWの日本発着クルーズかフライ&クルーズか…と悩んでいる間にキャビンがなくなるのでスケジュールが不確定でもとりあえず申し込みした方がいいかもしれません!

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅


コスタ・ベネチア2019年日本発着クルーズの説明会に参加|JTBクルーズ大説明会

6月27日にニュースリリースが発表されたコスタクルーズの新造船『コスタ・ベネチア』の日本発着JTBによるチャータークルーズの説明会がその3日後に行われたので参加してきました。

関連記事:【news】新造船コスタ・ベネチア日本初入港&日本発着JTBチャーターツアーが決定!|上田寿美子氏が語る説明会もあり

関連リンク:『東京発着 コスタ ベネチアで航く! 憧れの台湾・鹿児島クルーズ 8 日間』6月27日発表 JTBニュースリリース


最近クルーズのイベントも行われる説明会の会場となったJR新宿駅上の『ルミネゼロ』。入り口がわかりづらいという噂ですが、バスタ4Fからでもすぐに行けました。


会場フロアの中庭、清涼感漂います。

JTB旅物語(たびものがたり)の海外旅行大説明会

この日はJTB旅物語の海外旅行大説明会が行われており、コスタベネチアのクルーズ説明会はその中の一部ということが会場に行ってわかりました。会場は各海外旅行ツアーごとの入れ替え制のようでした。


コスタベネチアの説明会には約260名入りの会場の8,9割の席が埋まるほど人が集まりました。想像以上の人数でした。

この日の説明会は80分で下記の目次で行われました。

1.クルーズの魅力とコスタクルーズ
    クルーズライター 上田寿美子さん
2.コスタベネチアとは
 コスタクルーズの方からの説明
3.旅物語チャータークルーズについて
 JTBの方からの説明
4.Q&A

上田さんが語るクルーズの魅力とコスタクルーズ

テレビでもお馴染みのクルーズライター上田寿美子さんのクルーズの魅力についてお話しされる時いつもクルーズ船とは「動くオーシャンフロントホテル」と表現されます。私も人に聞かれたときに最近はそのまま答えます(笑)。
移動の便利さ、ホテルのような快適さ、移りゆく美しい景色、古人のように海から街へ移動できる、船上での(基本の)料金は全て込みなのでお財布の心配もなくおおらかに過ごせる…などはまさに納得です。

また「同じ目的地に向かう乗船客との仲間意識が高まり出会いもある」とおしゃっていらっしゃいました。
まだこの点は私たちは十分に堪能する域にはいませんが、上田さんの著書によると『クルーズの7割は一人旅』(現在もそうなのかは不明です)とのことなのでそう思われるのでしょう。

上田さんが語るコスタクルーズの魅力

昨年からコスタクルーズの一つ、お馴染みのコスタネオロマンチカ が本格的に外国船として日本発着クルーズを行い、今年からは通年での日本発着クルーズを行なっています。

コスタネオロマンチカは『1泊1万円台〜大人2名だと同室子供2人は無料』というコスパの良さとカジュアル船ならではの気軽さが日本にもたらした影響は大変大きく、コスタネオロマンチカが日本の”クルーズ船”のハードルを下げたきっかけの船」とおしゃっていました。

確かにクルーズ船=豪華客船=高いのイメージを打ち破った船だと思いますし、普通に日本各地と海外旅行に行くより断然安いですものね。好みは別れるとは思いますが、少なくとも私たちは夫婦は「リピートしたいクルーズ船」ではあります!

それと、コスタネオロマンチカ はかなり色々日本発着のコース内容や船内の飲料システムなど試行錯誤して集客努力がみえるので「頑張ってほしいな〜」という気持ちはあります。

上田さんが語る「コスタクルーズとキュナードの関係」

上田さんが取材でのあるエピソードを披露して下さいました。
コスタクルーズとクィーン・エリザベス、メリー、ビクトリアを運行するキュナードラインは同じカーニバルクルーズラインの子会社であるので、クィーンエリザベスの日本発着クルーズを本格的に導入する前にコスタネオロマンチカで日本市場の動向をした後に満を持しての日本導入という計画である、というお話をカーニバルクルーズラインの会長から直々に聞いたそうです。

なるほど〜。そういうことならばコスタネオロマンチカの色々な試行錯誤は納得できます。そしてその甲斐があって2019年・2020年の4月〜5月日本発着のクィーンエリザベス のクルーズが実現したのですね!

コスタベネチアのテーマは『ベネチア』

只今イタリアで建造中のコスタベネチアのデザインテーマは『ベネチア』ということでサンマルコ広場を模したメインロビー、マルコポーロと言う名のメインダイニング 、カジノはベネチアなど、ベニスの街・世界観を船上に再現!とのことでした。

仮面をつけてのベニスのカーニバルのイベントも開催されるようですが、コスタクルーズの方曰く、現在運行中のコスタネオロマンチカでも同様イベント行なっていますが、コスタベネチアではそれ以上のカーニバル感だということでした。

どんな感じ?より濃いということでしょうか?

ミシュラン3つ星シェフとのコラボレストランも!

船内にはメインダイニング 、ブッフェレストランの他に和食、中華などを含むスペシャリティレストラン&カフェが14種類、バー&ラウンジが6種類あるとのこと。

スペシャリティレストランの本格イタリア料理”カサノヴァ”ではミシュラン3つ星シェフ ウンベルト・ボンバーナ氏によるコラボのお料理が食べられるということでした。

イタリアDOP(保護指定原産地呼称)、原産地が明確な商品に政府のお墨付き食材を使ったピザなども食べられるレストランもあるということです。

船内の施設など

あったらいいのにと密かに思っていた全天候型・開閉式屋根付きプールがあるようです。水着持って行っても外プールだけだと入れない時があるのでこれは「いいな」と、思ってはいたのですがCGで見る感じ、プールは船の大きさから見ると小さめの印象です。

その他にはアスレチック、シアター、オープンデッキ、スパなどはコスタネオロマンチカにおなかったり、違う雰囲気だったりのイメージでした。

コスタベネチアのクルーズ説明会の感想

コスタベネチアに関しては「現在造船中」とのことで、あまり詳しい内容が聞けなかったのかかなり残念でした。

ほとんど、ニュースリリースやwebパンフレットに記載されていることを読み上げるだけに止まり、またクルーズ説明会の後に申し込み予約も今回は事前に聞いたと聞いた通りに「なし」とのことでがっかりでしたが、まだ誰も乗船したことのない、しかも建造中の船なので「仕方ないか」とも思いましたがせっかく足を運んだので何か特典があっても…。

コスタベネチアの申し込み方法

2018年7月10日10:00から一斉電話予約のみ(web予約は8月から)とのことです。

コスタベネチア専用ダイヤル
0570-03-8880または03-6902-5530

JTBサイト:コスタベネチアで航く憧れの台湾・鹿児島クルーズ8日間

>>JTBで行く海外&クルーズ旅行<<<

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

リクルートスーツ×GU・UNIQLOでアレンジで着る『フォーマル』|クルーズ船のドレスコード

誰にでも1着はありそうなシンプルなダーク色のスーツをドレスコードのフォーマルに転用できないか、と考えました。
私は黒のスーツが1着あります。リクルートのために約10年ほど前にINDIVIで購入したものです。


襟を合わせるとスタンドカラーになるこのスーツジャケット。スタンドカラーで着たことがありませんが…。

リクルートスーツのジャケット×GUパンツ


ジャケット:INDIVIセットアップジャケット
(10年前に購入上下セット価格不明)
パンツ:GU(590円/セール価格)
チューブトップ:ローリンキャンディー楽天(1,490円)
パンプス:LANVIN(数年前に購入価格不明)
バッグ・ネックレス:各500円程度(ヤフオク!で購入)

チューブトップはハーモニー・オブ・ザ・シーズのフォーマルで着用したものをインナーに転用しました。

関連記事:ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(20):2日目フォーマルナイト|ドレスコード

GUのパンツがセール品で590円!買わずにはいられませんでした(笑)。

こちらは『飛鳥IIのフォーマルナイト』のイメージです。ジャケットの丈が腰骨あたりなのでストレートタイプの私にちょうどいい長さです。

リクルートスーツスカート×UNIQLO


トップス:UNIQLO (2,980円)
スカート:INDIVIセットアップスカート
(10年前に購入上下セット価格不明)
バック・ブレスレッド各1,000円(ヤフオク!)
パンプス:上記と同じ

ユニクロのトップスは毎度おなじみ、今季購入したもので前回コーデに使用したも(下記関連記事参照)のをスカートにインしてみました。

関連記事:UNIQLO×フォーマルドレスコード|カジュアル船でのサマーフォーマルにファストファッションで!

こちらは飛鳥IIでの「インフォーマル」でのイメージです。

クローゼットで眠っているスーツでもクルーズ船でのフォーマル、インフォーマルに転用できそうです。

クルーズ船:衣類がシワになってしまったら

ただ、実際のところクルーズ船のドレスコードのためにスーツを上下持って行くかというと『シワ』ができるのではないかと考えてしまいます。

例えば、一番近い横浜港から乗船するとしても前もって衣類はスーツケースに荷造りして宅配業者に配送をお願いするので小一週間程はスーツケースの中にスーツが収納されていることになり、それなりにシワがよる可能性もあります。

日本船のランドリールームにはアイロンがある

日本船3船、飛鳥II、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすには船内にセルフランドリールームがあり、そこにはアイロンが設置されているのでシューっと一発シワ伸ばしができそうです!

ドレスコードは今ある服にチョイ足しで

クルーズのドレスコードのために「何か服を買いに行く!」という楽しみもあれば「それがハードルが高い」「面倒」ということもあるかと思います。

最近の私はやや「面倒」寄りで、やはりクルーズ後に普段使いに転用できるかを重視して購入しています。クローゼットが「特別の時のための服」でいっぱいになってしまうのも整理収納アドバイザー的には懸念すべきところです。

今あるものにチョイ足しなら面倒さも半減かな(笑)と思いチャレンジしてみました。自分の骨格タイプに合ったジャケットは着回しができて無敵!私もこのセットアップのジャケットだけ実は普段使いしています。

クルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅