クルーズ準備」カテゴリーアーカイブ

2018コスタネロマンチカ乗船記(9):持参してよかったモノ-1|泡ポンプタイプのハンドソープ

泡ポンプタイプのハンドソープ

船旅で一番恐れなくてはいけないのが船内での火事やインフルエンザやノロウィルスなどの感染症の発生です。秋の終わりから冬に入る間は毎年流行するので、秋のクルーズ初心者としてはまずいつもより「手洗い」を敢行しました。


客室のアメニティの石鹸のありますが『使い慣れているもの』が続けられそうで今回は持参してみました。

ポンプストッパー付きボトルがマスト

ポンプタイプは便利なのですが、選ぶときに一つ『注意』しなければならないことが!


ポンプストッパーがついているものでないと…帰りに持って帰るときに工夫が必要です。付属のものがあると持ち帰る時に中身が液だれしなくて安心です。


こんな感じで下船する時はもう一度差し込んでポンプを動かさないようにします。

以前ポンプタイプのクレンジングを持参したことがあって、ポンプが上下に動かないように工夫して持ち帰った経験があリます。しかし、ほんの数ミリポンプが下に下がってしまったがためにかなり中身が出てしまって大変なことになりました…。

手洗い以外にも船内各所で手指消毒を

客室に帰ってきてからの手洗いも必要ですが、レストランに入る際の消毒液塗布も大事だと思います。ブッフェのトングも沢山の人が触っていますしね。

船内に限ったことではありませんが、「自分の身は自分で守り、そして自分から広めない」という意識は大切だと思います。

抗菌ウェットティッシュの活躍


メインレストランもブッフェレストランも日本のレストランのようにテーブルの上にはペーパーが設置されていません。(ブッフェではお料理のカウンター上にあります。)
食事中に口元を拭いたり、指先を拭いたりするのにポケットティッシュや抗菌タイプのウェットティッシュはコスタネオロマンチカに限らず持っていったほうが便利です。

ブッフェは混み合っているとテーブルがきちんと片付いていない場合があるので抗菌ウェットティッシュで一拭きすること数度、このクルーズでもかなり使いました。100円均一で様々なタイプのものが売られています。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズ旅行のかさばる荷物|スーツケース内の仕切りを風呂敷包で解消

次のクルーズ乗船のために絶賛荷造り中です。
軽装シーズンの乗船しか経験がないので、晩秋〜初冬の乗船には防寒程度が分からず、結局あれもこれも…。

スーツケース内の収納は風呂敷が優秀


スーツケースに隙間なく衣類などを入れ込むには、最近試行錯誤してきましたがトラベルポーチ(↑)を利用したりしていましたがやはり汎用性が高い風呂敷が便利なことがわかりました。

整理収納アドバイザー的に言いますと、『使う目的』または『同じ仲間』同士で収納、風呂敷で包んでおくと便利です。これを『グルーピング』と言います。

【グルーピングの例】
◉使う目的同士の収納

・フォーマルナイトで着る衣類…シャツ、ネクタイ、ポケットチーフ他
・船内で着る衣類…スウェット、長Tシャツ、パジャマ類
・船内ジムで着用衣類…トレーニングウェア、Tシャツ、靴下 等
◉同じ仲間同士の収納
・下着類一式…靴下、アンダーウェア、Tシャツ
・アイテム別…トップス、ボトム、アウター、ワンピース 等

いつもは使う目的同士のグルーピング収納ですが、今回は両方ミックスでまとめてあります。

◉風呂敷を使って荷物をまとめるメリット
1.荷物の大きさによって形や大きさが変えられる
2.荷ほどきしたら折りたためる
3.中身が見えない
4.衣類などの荷物が全て包み込まれて衛生的
5.旅先でも収納品、バッグなどにして使える
6.半永久的に使える…など

厚物衣類は若干の圧縮が可能

ダウンジャケット、ニット類などは風呂敷でタイトに包むことによって少し圧縮できます。流石に圧縮袋のようにペタンコにはなりませんが程よい圧縮状態になります。

包み込むことで衣類を緩衝材代わりに


風呂敷包み同士の間にカメラのレンズなど『割れ物』を入れ込むことで緩衝材代わりにもなります。またレンズ自体をもっとハードに守りたい場合には衣類の間に入れて風呂敷で包んでしまえば保護力がさらに強力に。

風呂敷を使って荷物をまとめるデメリットは?

「機能的」と思える風呂敷収納ですがこんな『デメリット』もあります。

◉風呂敷を使って荷物をまとめるデメリット
1.中身がわからない
2.結び目が邪魔
3.衣類以外、細かいもの(ケーブル、洗面用具など)は包みにくい…他

2の「結び目が邪魔」に関しては結び目の位置は変えることができるので工夫次第でクリアできそうです。
3の「
衣類以外の細かいもの」の収納はトラベルポーチ(上記写真)の方が向いているかもしれません。

1の「中身がわからない」はメリットでもあるしデメリットでもあります。特にフライ&クルーズなどの場合、空港でスーツケースを開けて出し入れしたい場合などは中身がわからなと探し物に時間がかかる場合も。

100均一で売られている小さい安全ピンに風呂敷の中身のアイテム名を書いてそれを風呂敷に付けてみました。(↓)

100円均一の手芸用品で見つけた丸い形状の安全ピン。最初はタックシールにアイテム名を書いて安全ピンには貼り付けたのですが、安全ピンの形状が丸くうまくシールがつかなかったのでマッキーで直書きしてみました。

安全ピンは針の部分が表に出てない方が安全かな、と思いそのようなものを選びました。パッと見、中身がわかりやすくなりました。

さて、その効果はどうでしょうか?使い勝手はまた追って詳細を記載したいと思います。実際に試してみないとわかりませんし、誰にでも合うやり方でもないことを予めご了承下さいませ。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズ旅行中の服装&ドレスコードのインナーに|メンズサイズのヒートテックステテコ

View this post on Instagram

すっかり秋めいてきましたが未だにユニクロのジャージーフレアパンツを着用しています。さすがに一枚だけだと寒いのでメンズのヒートテックステテコをインナーとして履いています。フレアパンツのインナーにレギンスだと静電気でパンツが足に張り付いてしまいがちですがメンズのステテコだとそれが起こりにくいのがいいです!また丈も7、8分丈なので裾の長いスカートやワンピのインナーにも最適☆実際両方の写真でインナーとして着用しました。夏の冷房が効いた船内や秋以降などクルーズ旅行にも応用出来そうです。#ユニクロ#メンズヒートテックステテコ#クルーズの服装#クルーズドレスコード

A post shared by さざききゃさこ (@cruise_go) on

冷える船内・秋冬のドレスコード対策に!

クルーズ船内の冷房は効きすぎていることもありクルーズ中のフォーマルや服装などにパンツを選ばれることも多いと思います。
ロング丈のスカートやワンピ適したインナーを探していたところ、主人用にヒートテックタイツを購入したつもりが7分丈のステテコだった…ということがきっかけで「遊び心で履いてみたら薄くて肌触りが良かった!」ことから自分用にすることにしました。
ゆるめに着用する方が肌から離れ風通しもいいです。肌に密着するよりも体温が滞留するので暖かい効果もあると聞いたこともあります。

普段ボトムはレディースS-Mの間くらいの太もも、ふくらはぎしっかり張りタイプの私ではメンズステテコではMサイズが多少ウエストがゆるいですがいい感じです。


メンズMがなんとなくサイズ的に「合う」ことが解せませんが(笑)相当気に入って同じものを追加で2枚購入しました。秋冬のクルーズで活用しようと思います。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

【news】クルーズ旅にも応用可?手ぶら旅エアークローゼット×ANA|ファッションレンタルサービス

トラベルファッションキャンペーン

月額制のファッションレンタルサービス「エアークローゼット(AIR CLOSET)」は全日本空輸(ANA)とともに、旅行仕様の洋服をレンタルサービスできる「エアークローゼットで帰りは楽ちん手ぶら旅」を10月末日まで実施している。

キャンペーン内容

キャンペーン期間中(〜10月31日)にエアークローゼットに登録した新規月額会員を対象に、通常のエアークローゼットボックス(1回3着)加え、旅のシーンに合わせてスタイリングされた洋服が3着入ったボックスの計2箱のレンタルが可能。

レンタルした洋服は専用の返却袋で旅先のホテル、コンビニから変装することができます。

エアークローゼットとは?

会員数16万人を突破した洋服レンタルサービスエアークローゼットの特徴は以下の通りです。

1.スタイリストが選んでくれる
好みのスタイル、洋服の悩み、利用シーンなどを登録するとファッション業界で活躍するスタイリストが選びアドバイスも付いてくる。

2.借り放題
返却期間がない!月額制で好きなだけ洋服を楽しめる。

3.クリーニング不要返却
着用後そのまま返却ができる。

メリット・デメリット

メリット

1.返却期限が設けられてないので「期限までに返却しなくては」というストレスがない。
2.ファッション業界の第一線で活躍するスタイリストによるパーソナルスタイリングが受けれる。
3.レンタルした3着の着まわし方、手持ちの服との合わせ方、小物のスタイリング方法などのアドバイスがつく
4.開始日から1ヶ月ごとの支払いなのでいつでも始められる
5.気に入った洋服は購入ができる

デメリット

1.一回レンタルできるのが3着まで。
2.レディースのレンタルのみ。
3.別途1回につき返送料300円(税抜)が必要。

レンタル料金

1.ライト(月1回/3着)6,800円/月
<サービス>
・スタイリストが選ぶ
・返却期限なし
・クリーニング込み

2.レギュラー(借り放題) 9,800円/月
<サービス>
・スタイリストが選ぶ
・返却期限なし
・クリーニング込み
・借り放題
・あんしんレンタルサポート
*借りて側の都合で次へのレンタル不可能な状態になってしまった場合でも修繕費用・弁償金の一部をレンタル側が負担する

返送期限が設けられていない点は旅行への活用に十分アリかなと思いました。借りてみたい気にはなりました。
クルーズ旅行も含め、季節が違う旅行地での衣類を用意する必要がある場合、実店舗やネットで季節外を探すのも面倒だったりします。
また価格も月内で1度しか利用しなかったとしても3点で6,800円もしくは9,800円ならそんなに痛手でもないと思いました。

口コミでは「自分では選ばない洋服をスタイリングしてもらえて新鮮だった」「スタイリストさんのアドバイス通りに追加アイテムを購入し効率的にオシャレになった」「持っている服似合う服をリクエストできる」などシーン別でのリクエストもでき使い方は幅広いようです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅



クルーズ旅行にも必須!海外旅行保険と旅行キャンセル費用特約|たびほの便利アプリ

ハーモニー・オブ・ザ・シーズの乗船するにあたり、海外旅行保険と特約で『旅行キャンセル費用』『旅行中断費用』も含め、いつもクルーズ旅行ではお世話になっているt@bihoたびほ(ジェイアイ損害火災保険株式会社)に事前に申込をして出発しました。

日本発着の外国クルーズ船に乗船するときは必ず海外へ寄港するので『海外旅行』扱いとなります。

たびほ:リピーター割引3%あり

カリブ海クルーズにあたり、発着地アメリカ、寄港地ハイチ、ジャマイカ、メキシコ4カ国を全部網羅する保険手続きもネット保険だと簡単です。
1度でも利用があれば履歴から申込者・同行者などの氏名や住所などはコピーできてしまいますので5分も経たずに契約終了です。
2度目からはリピーター割引で保険料が3%OFFになります。

『旅行キャンセル費用』保険の設定額

クルーズ旅行にはキャンセル発生日が一般の旅行より早めなので『旅行キャンセル費用』の特約は必須だと思います。

関連記事(1):クルーズ旅行のキャンセル料発生日は通常の旅行より早い!キャンセルや中断費用特約保険にも注目

関連記事(2):コスタ・ネオ・ロマンチカ乗船準備(2)旅行保険と取り消し特約に加入

たびほでは旅行キャンセル費用保険の設定額が5万円、10万円、20万円、30万円の4つしかありません。
例えば、旅行代金が18万円だったら20万円というように旅行代金に相応した金額を設定しその保険料を支払うことになるのですが、旅行代金が30万円以上だと最大の30万円設定額をかけるか、旅行代金相応額が網羅される他の海外旅行保険&キャンセル費用保険を探すことになります。

私たちも旅行代金が40万円越えでしたのでどうしようか迷ったのですが、キャンセル費用保険の設定額30万円にして保険の契約をしました。
リピーター割引も含めハーモニー乗船のカリブ海クルーズの海外旅行保険は2人で総額15,020円でした。

保険申請もすることなく無事に帰ってこれてよかったです。
また私たち世代になると親が高齢なので旅行キャンセル費用保険は必須だと思います。


たびほのスマホアプリは一応DLはしているものの、使うにはもちろんのこと通信料がかかります。

コンテンツは非常に少ないのですが、『医師に外国語で伝える』という機能は使えそうです。
翻訳してくれる言語は英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語になります。

あらかじめ自分の既往歴やアレルギーなどを入力しておくと便利そうです。

便利だけれども…いつでも通信ができる状態でないとすぐに活躍できなさそうです。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズの服装&ドレスコード(Day-6&最終日):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ|いよいよ最終日

「もし夏季にクルーズに乗船するなら」を仮定にほぼほぼプリプラで揃えた6泊7日全クルーズ中のコーデシリーズです。妄想クルーズ乗船日6・7日目。いよいよ最終回です。

前日までの妄想コーデ記事→Day-1,Day-2,Day-3,Day-4,Day5

Day 6:終日航海の船内コーデ

◉Day

7日間の妄想クルーズも今日が船内で過ごす最終日。最終日には夜から深夜の間に下船準備をしてトランクをキャビンの外に出しておかないといけません。その作業がいつも悲しいんですよね…。この日はユルい着回しです。

・onepiece…UNIQLO(3,980円)*
・bottoms…UNIQLO(1,980円)
・shoes…SEIYU(980円)

*印=今季購入

ワンピースはユニクロとマリメッコのコラボ商品。裾はふくらはぎあたりまで長さがありかなりゆったりしているのでデッキにいてもそうそう裾が捲り上がる心配はありません。おなじみユニクロのジャージーパンツをワンピの下に着用し船内の冷え防止に。

◉Night


クルーズ最後の夜のドレスコードは『カジュアル』です。下船準備で荷物はほとんどスーツケースに入れて出してしまったので、昼間着用していたワンピの着まわしでダイニングでラストディナー!

・onepiece…UNIQLO(3,980円)*
・belt…Rakuten(555円)
・long cardigan…Rakuten(1,202円)*
・shoes…GU(590円)*
・bless let…3coins(300円)

*印=今季購入

サッシュベルトとサンダル、ブレスレットでディナー感でました!
いずれも600円以下なのですが!

クルーズ船にはロングカーデ1枚あると便利です。


☆太めのサッシュベルト!


☆定番カラーの紺と黒、すでに2枚持ち

Day 7:帰港・下船当日


一週間の妄想クルーズももう終わり!5日目昼間に着用したブルーの麻素材のスカーチョを着まわし。旅は終わり!でも家に帰るまでがクルーズ旅行です!元気良く、気分良く帰りましょう…の画。

・tops…UNIQLO(780円)
・bottoms…earthe music&ecology(1,290円)*
・shoes…Rakuten(2,056円)*
・hat…Off&On(900円位)


☆軽くて歩きやすかったです

妄想クルーズコーデ着用の感想

今回自分のテーマとしてクルーズ中の服装&ドレスコード対策として大人のプチプラで揃えることで『服装のハードルを下げること』と、もう一つは荷物量の軽減のための『着回し』にチャレンジし、なるべく1日中同じ服を着られないかに努めてました。

結果、以前に比べて服の量がかなり減らすことができ、過去に購入したものや意外にも頂いたアイテムが活用でき自分的にはかなりの発見がありました。

ただ、あくまでも『妄想クルーズ』であるので、寄港地でドロドロに汗をかいた、汚れたなどが起これば着回すことができなくなるリスクも出てきますし、またその逆でどこかの港で足止めになるとそんなに服も要らなかったりするので実際にはこの妄想クルーズコーデが成立するかどうかはわからないとは思います。

今回このために初めてユニクロ『リラコ』を購入してみて価格、軽さ、着易さなどに惹かれました。今回は季節が夏設定でしたが、夏以外でまたリラコを再登場させてみよう!と思っています。

これだけ揃えて『妄想クルーズ』では寂しすぎるので、実際に来年の同時季クルーズでそのまま丸ごと着用してみようと思います。またその際はブログに載せてみたいと思います!

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズの服装&ドレスコード(Day-5):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

「もし夏季にクルーズに乗船するなら」を仮定にほぼほぼプリプラで揃えた6泊7日全クルーズ中のコーデシリーズです。妄想クルーズ乗船日5日目は前日に引き続き寄港予定ですが下船はしない、という設定です。

前日までの妄想コーデ記事→Day-1,Day-2,Day-3,
Day-4

Day 5:船内でのコーデ

◉Day


この日の設定は船は寄港しますが、「あえて下船せずに乗客が少なくなった船内でのんびりする」という設定です。…設定というか、実績というか(笑)。毎回クルーズでは寄港地の度に下船はしていないです。ガラガラの船内でスパやフィットネスを楽しんだりしています。

・tops…45rpm(頂きもの)
・shawl…頂きもの
・bottoms…earth music&ecology (1,290円)*
・shoes…SEIYU(980円)

*印=今季購入

1日目に着ていたトップスを船内で洗濯しての再登場です。コットン素材のノースリーブで風合いがリネンっぽい感じだったのでラフに手洗いして乾燥。船室で洗濯…着回しの1手です。
船内で過ごす時には羽織ものはマスト。外国船だとかなり冷えます。

◉Night


この日の夜のドレスコードは『インフォーマル』。
カジュアル船のインフォーマルは膝丈ワンピやスカートの女性が多いですが、2日目の夜の『フォーマル』で着用したジャンスカをまた着用してみました。


左=2日目のフォーマル時に着用したもの、靴が変わっただけです。


・jaket…ZARA(4,980円)*<プチプラ価格設定over>
・onepiece…GU(1,900円)*
・shoes…Rakuten(2,056円)*
・bag…頂きもの

ZARAで購入したブルゾンジャケットはコットンレース地に刺繍が施してありやや厚めなので冷房対策にはなります。

*印=今季購入


☆ストラップが足首を細く見せる!

フォーマルやインフォーマル、スマートカジュアルなど今までそれぞれ独立した服を持参して行ったのですが、ディナーだけ着用だと1,2時間のことなのでベースが同じで着回しができれば荷物は減るのではと思いました。

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズの服装&ドレスコード(Day-4):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ|実際に着用して外出体験も

「もし夏季にクルーズに乗船するなら」を仮定にほぼほぼプリプラで揃えた6泊7日全クルーズ中のコーデシリーズです。妄想クルーズ乗船日4日目は前日に引き続き寄港します。

前日までの妄想コーデ記事→Day-1,Day-2,Day-3

Day 4:寄港地のコーデ

◉Day


2本目の『リラコ』を投入。初日着用のリラコは小花柄でしたがこの日はストライプ、同じくサイズは通常より2つ大きめを選んでワイドパンツ風に着用です。

・tops…UNIQLO(1,000円)*
・bottoms…UNIQLOリラコ(980円)*
・bag…ZARA(3,980円)
・shoes…SEIYU(980円)

*印=今季購入

フューシャピンクのTシャツはUNIQLO UのクルーネックTシャツで、丈がお尻1/3隠れるくらいの長さですが、そのものの丈の長さできるとものすごく「リラックス感」が出てしまい「これから下船&観光!」というアクティヴ感が減少気味…。
私の骨格タイプだと腰骨上あたりがバランスがいいので裾を(かなり)折って着用しています。
(*厳密に骨格タイプで言うと他のアイテム、柄の大きさ等必ずしも合致していません。あしからず…)


初日に着用した小花柄リラコでのタンクトップも実は同様にかなり裾を折り込んで着ています。

◉Night


この日の夜のドレスコードは『カジュアル』。お腹ぺこぺこで寄港地観光から船に戻ってきたらトップス、靴を変え、ベルト足してダイニングへすぐにGo!

・tops…ROPE’ PICNIC (2,980円)
・bottoms…UNIQLO(980円)*
・belt…Rakuten(1,000円)*
・shoes…GU(590円)*
・bag…頂きもの


☆パンチングになっているのでムレにくい


このパンチング太ベルトのバックル部分を中央(写真左:3日目夜)、右側(写真右)とずらすことで表情が違いました。

番外編:このコーデを実際に着用して外出!


4日目夜のコーデを着用して映画を観に出かけました。

・shoes…Rakuten(2,056円)*
・bag…30年以上前のLV


☆コルクソールなので軽かったです


クルーズ好きの私はもちろんトムクルーズも大好きです。公開初日に新作を観てきました。


初めての4DXシート。3D映像に加え、座席がシーンに合わせて動き、風が出て、水しぶきもかかります!シーンに合わせて匂いも出ていました。結構ナメていたのですがかなりの衝撃で最後の方は座席からズリ落ちるかと思いました!吹き替え版でよかった…。


水しぶきだけは座席スイッチで制御できます。かなり水がかかりますよー。


チューイーとパチリ。
4DXシートのおかげでかなり洋服が乱れましたが、意外にもリラコの座りジワは目立ちませんでした!色の濃いものだと目立たないのかもしれません。

2サイズ大きめでダボダボに履いているせいかもしれませんが、リラコってめちゃくちゃ涼しい!ことがわかりました。サラサラして肌触りもいい感じです。
今年のような極暑な夏の外出にはぴったりだと思いました〜!

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズの服装&ドレスコード(Day-3):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

「もし夏季にクルーズに乗船するなら」を過程にほぼプチプラで揃えた全クルーズ中のコーデシリーズ、乗船3日目は初寄港します。

関連記事(1):クルーズの服装&ドレスコード(Day-1):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

関連記事(2):クルーズの服装&ドレスコード(Day-2):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

Day 3:寄港地のコーデ

◉Day


妄想クルーズ日程では、終日航海を経て初めて訪れる港で下船、観光予定の1日。前日2日目の昼間に着用していたUNIQLOのネイビーのジャージーフレアパンツが再登場。肌触りがよくシワになりにくいので毎年購入しています。
買い始めたここ何年かは毎年売られています。毎年微妙にタックの数や素材の厚さ、カラーラインナップが違いますが、ブラック、ネイビーは定番色です。あまり色落ちしないのも気に入ってます。

・tops…UNIQLO(780円)
・bottoms…UNIQLO(1,980円)
・belt…AEON(1,480円)
・shoes…SEIYU(980円)

トップス以外2回目、3回目の登場です。

◉Night


3日目のドレスコードは『カジュアル』。妄想設定では、最終乗船時間にギリギリの滑り込みその後すぐに食事の時間となったのでトップスと靴だけを変えてすぐにダイニングへ。

リアルな船旅でも同じようなことしています…(笑)。

・tops…UNIQLO(1,500円)*
・bottoms…UNIQLO(1,980円)
・belt...Rakuten(1,480円)*
・shoes…Rakuten(2,056円)*
・bag…ZARA(3,980円)

*印=今季購入


☆意外と色々な表情を見せてくれます


☆ソールがコルクで軽い

幾何学模様のTシャツは今季UNIQLOとマリメッコのコラボシャツ。この写真を撮る前にすでにヘビロテです。ライブ会場やクルーズでのダインング会場など人が多く集まるところでは「見つけやすい」と他人様からは好評です(笑)。


この日でネイビージャージーパンツ(UNIQLO)は終わり。3回の着まわしました。

関連記事(3):UNIQLO×フォーマルドレスコード|カジュアル船でのサマーフォーマルにファストファッションで!

関連記事(4):リクルートスーツ×GU・UNIQLOでアレンジで着る『フォーマル』|クルーズ船でのドレスコード

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅

クルーズの服装&ドレスコード(Day-2):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

「もし夏季クルーズに乗船するなら」を仮定にほぼプチプラで揃えた全クルーズ中のコーデシリーズ、乗船2日目です。

妄想クルーズコーデのマイルールと1日目はコチラ↓
関連記事(1):クルーズの服装&ドレスコード(Day-1):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

Day 2:終日航海のコーデ

◉Day


めちゃめちゃ普通すぎますね〜ほぼ家着です。
まだ船に慣れていない2日目はほぼ家着に近い格好で過ごしたい。今季UNIQLOで購入したマリメッコとコラボのTシャツはオーバーサイズ気味で風が通るので気持ち良し、です。

・tops…UNIQLO(1,500円)*
・bottoms…UNIQLO(1,980円)
・shoes…SEIYU(980円)

*印=今季購入

◉Night


乗船2日目の夜はウェルカムパーティー。ドレスコードはフォーマル指定です。外国船のフォーマルはキラキラしている、という印象です。手っ取り早くパーティー感を出すには肌見せに限ります。
女性のフォーマルであるイブニングドレスは胸元や背中を露出度高めのデザインが多いです。

・one piece…GU(1,900円)*
・inner…Rakuten(1,380円)
・accessories…Yahoo!auction(1000円位)
・shawl…Rakuten(1,834円)*
・shoes…GU(590円)*
・bag…(頂きもの)

*印=今季購入


☆手っ取り早くパーティー感、インナーでチラ見せ。


☆程よくラメ入り!

ワンピースと表示しましたが、おそらくジャンパースカートだと思います。GUで見つけた時ラインが綺麗で、素材がシワになりにくいと思い購入。普段着に着る前提なら買わないタイプですが、今後どうにか普段着に転用したいと思います。

ジャンパースカートなので、バックは見え見えです。カリブ海クルーズのフォーマルナイトで着用したスパンコールビスチェをインナーにきました。

関連記事:ハーモニー・オブ・ザ・シーズ(20):2日目フォーマルナイト|ドレスコード

二の腕隠しに別インナー


肌見せすればいい、と言っても二の腕を出したくない世代です…。少しでも二の腕をカバーしたい!という思いからスパンコールビスチェとは別バージョンで、レース袖付きチューブトップをインナーにしてみました。着用すると無難な感じになりますね。

・inner…Rakuten(980円)*

GUの590円のヒールは値札を2度見しました。セールの時に行くとびっくりするような値段で売られているのですね。190円のスカートとかもありました。新鮮な体験でした!

関連記事(2):クルーズの服装&ドレスコード(Day-3):カジュアル船で着る6泊7日プチプラコーデ

ほかの人のクルーズ乗船記・旅行記をもっと読みたい☆旅行ブログ 船旅