RedBull Airrace Ciba」カテゴリーアーカイブ

レッドブルエアレース千葉2018(予選)

Red Bullエアレース2018千葉:4回目の観戦直前|2017年観戦の振り返り

2018年レッドブルエアレース千葉大会の開催が明後日・明々後日に近づいて参りました!

2月時点では日本開催が未定だった

まず、今年は2月時点くらいまでは千葉大会が、日本での大会が未決定でした。
例年ですと、2月頃にはその年の開催地が発表されるのですが、その時点で日本開催なのかアジア開催なのか?も未定。
しかも、その時点で2018年5月26,27日は別国開催でした。

そして、今年の千葉開催日とチケット発売を知ったのは、なんとカリブ海の上!ハーモニー・オブ・ザ・シーズに乗船中でした。
そこからチケットをネットで取ろうとしましたが上手くいかず帰国してからの手配となりました。

今年ももちろん観戦予定です。早もので今年で千葉大会(日本)はもう4回目です。今年も室屋さんに是非千葉で勝ってもらいたい!

関連記事:Red Bullエアレース千葉2017:3回目の観戦直前

以下昨年の振り返り、観戦の様子です。

Red bullエアレース千葉2017:6月3日予選日


2016年はちょうど梅雨入り&天気も荒れて予選日がクローズしましたが、昨年2017年の予選・本選日とも晴れて観戦日和でした。

お昼頃に海浜幕張駅に着いて、そのまま目の前のプレナ幕張で前年と同じハンバーガー、フッシュ&チップスを食べました。

プレナ幕張1F Burger&Chicken JERRY’S UNO(ジェリーズウノ)でいい加減に酔っ払いながら予選をみにいくのがいつしか定番に!


リクライニングシートでの感染がやっぱり楽!ということで前年からデラックスシートエリア席を選んでいます。

2017年より新設:室屋義秀応援シート


昨年から通常のデラックスシートエリアの隣に『室屋義秀応援シート』という席のエリアができました。室屋選手の応援グッズがついて通常のデラックスシートエリア席より5,000円高い…ということでした。

グッズ付きでプラス5,000円…うーん、と思ったので我が家は通常のデラックスシートエリアでしたが、室屋応援席の方がトイレに近くて「いいな」とは思いました。


予選日のデラックスシートエリアは席はガラガラです。だからと言って一般席の人が自由には出入りできません。チケットがわりの手首に巻いたタグを見せないと入れません。

予選日はちょろっと見学しただけで私たちも最後までいることなく早々に撤収、ホテルに戻ります。

アパホテルリゾート 東京ベイ幕張


レッドブルエアレース会場の海浜幕張の浜に一番近いホテルはアパホテルリゾート東京ベイ幕張なので毎年ここに宿泊です。


昨年はかなり早い段階でホテルを抑えたので、セントラルタワー上階の部屋でした。エアレース開催日が決まるとあっという間に海浜幕張のホテルが埋ってしまいます!抑えられたと言ってもダブルベッドの部屋で1室24,000円。驚くべき高騰となります。


アパホテル、狭いけれど一晩泊まるなら十分。お風呂は大浴場が2箇所あるので部屋風呂は使ったことがありません。大浴場は0時過ぎが空いています。


部屋から望む海浜幕張の浜。エアレース会場の入り口や浜の様子がよくみれます。

Red Bull エアレース千葉2017:6月4日本選日


ホテル内のコンビニはもう朝から品薄状態になり混み合うので、いつも前日に購入しておいて軽く食べる程度です。

窓際のソファに座って会場を見下ろすと、入り口付近に徐々に人の列ができ始めたのは朝の6時過ぎ…。こちらから見える入り口は一般エリア席ではなくデラックスシートエリアより上の席、座席指定がないデラックスエリアの人たちがいい席を求めてもう並んでいるのでは?ということで朝食もそこそこに主人が並びに行きました。


10:00に開場になり皆デラックスシートエリアに!ヒェ〜。こんなに大勢の人が!怖すぎる〜。

屋台の食べ物は早めに買う方が良い

会場内の食べ物屋台は開場後ぼちぼちオープンしているので、買うなら11:00前後にもう買ってしまった方が絶対ベター!この後恐ろしいくらいの列ができてしまいます。


屋台によっては購入時にレジ袋のような手提げ袋をくれないお店もあり、そういった場合砂浜の席まで持って歩くのが危険!レジ袋は2,3枚持っていって買いに並んだ方がいいです。


主人が並んで遅れたおかげで、デラックスシートエリアの一番前の席に座ることができました!今年も頑張ってもらわねば。

一番前の席のメリット

一番前の席はエアレース全体を見れることができ、前の席が邪魔になルコともなく写真や動画をとるならば文句なしにいいです。


昨年は零戦がエアレース会場上空を飛びました。

一番前の席のデメリット

1.トイレや売店が遠い。
暑いのでビールを飲むとトイレに行きたくなるし…座席の後ろの方まで砂に足を取られながら歩いていくのが酔っ払いには辛い…!

2.開場前に並ばないと席が取れない。

3.寒い。
海風にさらされるので、日中カンカン照りの時は気持ちがいいくらいですが、Final 4のいいところではすでに陽が落ちてくるので肌寒いのを通り越して「寒い」です。


いや、もう…人目もはばからずビニール袋に足を突っ込む私(笑)。お隣さんもジャケット着ています!


小雨もぱらついてついにゴミ袋をほっかむり!たむけん?!そのくらい寒かったです〜!


ゴミ袋をほっかむりしているうちに始まったFinal4の室屋義秀選手の見事なフライト!この千葉大会2度目の優勝となりました!

今年はどんなレースが展開されるのでしょうか〜。お天気も良さそうなので楽しめそうです。防寒対策十分で臨みたいと思います。

Red Bullエアレース千葉2017:3回目の観戦直前|2017年開催のリンクあり


IMG_3094

レッドブルエアレース千葉2017を観戦します。2015年の日本初開催から今年で3回目の観戦です。明後日より1泊で海浜幕張に行く予定です。

関連記事:Red Bullエアレース2018千葉:4回目の観戦直前|2017年観戦の振り返り

東京在住なので、泊まる必要があるのかと毎回思うのですが、2日連続観戦なら宿泊した方が疲れません

開催直前・持参必須

・基本持ち物(日焼け、暑さ対策)

観戦のポイントは断然天気です!暑さ対策、雨風対策はどちらに転んでもいいように持ち物も規定範囲内で(日傘も雨傘も持ち込み禁止)準備します。暑い時の日差しハンパありません。日焼け対策も必須です。
帽子、はおりもの、日焼け止め、サングラスなど。


BlogPaint
観戦1年目の時は、日焼け止めのみの非対策。今考えると怖すぎます!

IMG_5032

2年目の2016年は帽子、サングラス、日焼け止めと対策バッチりでしたが、薄曇りで肌寒い開催に…。この年から6月初旬の開催となり、本戦日にまさかの梅雨入り!前年に比べて肌寒かったです。

・汎用性高し!ポリ袋(ごみ袋)

推奨は70Lサイズのもの。100均で購入可能のこのゴミ袋は、荷物からの砂よけ、レインコート代わり、足を袋に入れての寒さ対策など超万能アイテムです。


image

できれば、炭カル系ではなく、水を通さないしっかりビニールの方がいいですね。防水力が高まります。雨模様になると、会場付近のコンビニではこのゴミ袋が品薄になります。

・ウェットティッシュ

水道がトイレの手洗い場位しかないので、手を洗いに行くのはとても面倒です。ウェットティッシュがあると便利です。

・持ち込み飲料水は制限あり

飲み物は600mlのもの1本までという制限があり、それ以外を持ち込むと入場ゲートで没収となります。アルコール類やその他ドリンク類や水は会場内で購入できますが、いずれも割高で暑ければ売り場はいつも長蛇の列です。あらかじめ規定分は持ち込んだ方がお得です。

会場内での食事事情

IMG_3090

多種多様な屋台が並び、食事やスィーツを買うのには苦労しません。最近はお店の前にあるお料理の写真と実物があまりにもかけ離れている食べ物ばかりに当たっていて、ショックが続いています(笑)。また、長蛇の列のお店が全て「美味しい」という訳でもないことも知りました。

2015年はハイネケンは紙コップ入り↑で、席まで持って帰るのが面倒でしたが、2016年にはカン↓に代わりラクになりました。

IMG_5024


IMG_5020

昼時になると混み合うので、11:00ぐらいに販売が開始されたらすぐに買って食べてしまうことです。2016年には食事ができるスペースができ、ビジョンもあるのでレースを食べながら観戦することも可能となりました。ここで食べてゴミも捨てて席に戻る方が、席にゴミが溜まることもなくいいと思います。

IMG_5019

最初、全然エアレースに興味がありませんでした。我が家のカメラおじさんに無理やり連れてこられた感じです。しかし、実際間近でエアレースが観れる臨場感とドキドキ感にハマりました。また、会場がビーチなのも好きになった理由の一つです。山や街中だったらそうでもなかったかもしれません。


IMG_3080
いつでもどこでもカメラおじさんは乗り物を追う!(笑)

IMG_3067

2015年第1日目予選の時の一般エリア。人は少なめでした。半分レースを楽しみ、半分はリゾート気分で私もオヤジのように寝転んでもよし。2015年は一般エリアで席は自由で砂浜に座るスタイル。

IMG_3082


IMG_1904

2016年はデラックスシート席でした。砂浜もいいけれどやっぱりデッキチェアの方が快適でした。デラックスシート席は、専用トイレ、バーなどがエリアだったので、ビールを買いに行くのも便利。

SSNA5335

海浜幕張駅を出た瞬間からエアレース気分が盛り上がっています。今年も十分に楽しむ予定です。

<追記:2018.5.24>
2017年レッドブルエアレース千葉も大いに楽しみました。
その時に様子はコチラから。ゴミ袋は大いに役に立ちました!