北陸新幹線-グランクラス」カテゴリーアーカイブ

コスタネオロマンチカ乗船記:(番外編)途中下船して帰京の交通費の精算方法は?|乗車できなかったJRはくたか乗車券・特急券の払い戻し方は?

2017年9月に乗船した金沢発着のコスタネオロマンチカ号は、途中台風18号の影響で釜山港に足止めになりました。そのお陰で予定がクルーズ運行程が3日づれこみ、主人の都合で博多港で途中下船することになりました。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(25):4日目無料Wi-Fiエリアで情報収集|台風で足止め船内ライフ-1


帰京にかかる交通費とその精算方法は?

◉支給上限金額を確認:下船する場所で異なる
私たちは金沢発着の乗船だったので、博多港で下船する場合は帰京代金として一人44,000円がコスタクルーズから支給されることになっていました。
福岡から自宅に戻るのに、一人44,000円は十分な金額で問題はありませんでした。金額の指定だけで、そのほかの条件はありませんでした。
かかった交通費しか請求できないので、44,000円がもらえる訳ではありません。(←ここ注意です)

◉請求先を確認:旅行代理店へ
帰京方法は各自で手配し、かかる費用は一旦全てこちらで支払い、後日クルーズ旅行を申し込んだ旅行代理店へ請求するという流れになっていました。

こちらが請求をする前に、今回のクルーズツアーを申し込んだ旅行代理店、JTBから「台風で大変でしたね」と帰宅の翌々日にお電話を頂きました。
その際も丁寧に請求方法を教えて下さってとても対応がよかったです!電話を下さったことで請求に関する安心感が増しました。
またクルーズ旅行を申し込み機会があったらJTBで申し込みたいと思いました。



帰京交通費の請求内容は?

JAL 福岡-東京(2人分)             71,180円
ANA取消料(2人分)                   4,340円
タクシー代(博多港-福岡空港) 2,080円
羽田空港-主人の勤務先最寄駅  650円
リムジンバス(羽田-都内)         1,340円
私鉄&自宅までタクシー代  910円
合 計(2人)         80,500円

一人44,000円で余裕だ、と思っていましたが意外とかかりました。ファーストクラスに乗ったのが一番大きいですね。

博多港への入港時間が後から変更になって最初に取ったANA機に乗れないことがわかったので、JALに取り直した分のANAの取り消し料は加算させてもらいました。

関連記事:コスタネオロマンチカ乗船記(35):5日目入港時間が突然の変更!デッキで帰京の航空券を取り直す|船内足止めライフ-12

帰京から1週間後にJTBカウンターに領収書(全て原本)と最初に取ったANAの取り消し料が発生することになった元になった博多港入港のお知らせ時間が書かれたお知らせ2種類を持って行きました。


JTBカウンターの方に手渡す際に取り消し手数料の件を説明しました。
「不明な点がありましたらご連絡致します。ご返金は約2ヶ月後に銀行口座へ振込となります。」ということでした。

約2ヶ月後、請求通りの金額が無事に振り込まれていてようやく旅行の精算が終了しました。

無駄になった金沢-大宮はくたかのJRの乗車券・特急券は?

博多港から自宅までの帰宅費用は実費でもらえましたが、乗車することができなかった金沢(金沢発着クルーズだったので)から大宮へのJRの乗車券・特急券は丸々「損」となりました。

◉過日未乗車の乗車券の払い戻しができた
「一部払い戻しができるかも」と主人がJRみどりの窓口で乗車しなかった金沢発のはくたかのチケットを払い戻ししてきてくれました。

参考) JRおでかけネット:きっぷの変更・払いもどし

金沢-大宮(2人分)  27,180円
払い戻し手数料      440円
払い戻し分  ▲14,040円
損失      13,580円

約半額戻ってきたことになります。
払い戻しって乗車日未到来前だけじゃないんだ…って世の社会人が知っていることもこの時まで知りませんでした…。

どれもこれもいい経験ができました。時が経つと余計にそう感じます。

十人十色のクルーズ旅行記をいますぐ読む!☆旅行ブログ 船旅

ビューゴールドラウンジ|北陸新幹線グランクラス体験

金沢港からクルーズ船、コスタネオロマンチカに乗船するために乗船当日に東京駅から金沢駅に向かいました。

コスタネオロマンチカのクルーズツアーがヤング割で50%OFFで申し込めたので、「グランクラスに乗ってみよう」ということになり、行きの北陸新幹線の席をグランクラスにしました。

新幹線のファーストクラス、と言われるグランクラスに乗車するのもこんな機会がないと、なかなか…なので思いっきり楽しむことにしました。

東京駅ビューゴールドラウンジ

グランクラスに乗車する人はビューゴールドラウンジなるところを利用できるということで乗車1時間前に入ってみました。

ビューゴールドラウンジは、東京駅八重洲口のものすごく目立たない場所にありました。普通だったら絶対に素通り、気にも留めないような外観です。


中に入ると、八重洲口に喧騒がシャットアウト!ここは東京駅の中なのか!と思うほどものすごく静かなラウンジでした。



平日のせいもあり、利用者は私たちともう1組だけの静かな空間。
雑誌、新聞などが置いてあり自由に読むことができます。


お茶菓子も飲み物も無料。飲み物はお代わりできました。


最後にハーブティーをいただきましたが、ハーブティーがこんなに美味しい飲み物か、というほどに美味しくて感動〜。


コンセント付きのデスクもあり、またフリーのWi-fiも使えるので使わせて頂きました。


お手洗いももちろん綺麗です!名残惜しい空間でしたがそろそろ北陸新幹線の出発時間です。ラウンジ前がすぐ改札なのも嬉しい。

北陸新幹線グランクラス




新幹線のグリーン車の座席よりもさらにゆったり。本当に寛げるシートやシートまわりです。何より座席を倒す角度が深いし、テーブルも広いのがイイですね。


発車してしばらくしてから軽食が出てきました。私は洋食を選びました。飲み物は梅酒のスパークリングワイン。


中身はサンドウィッチ。パンが柔らかく、添え物のシルバーのジェノバソース漬けグリルが一口だったけれど美味しい!添え物も美味しいなんて手を抜いてない!


主人は和軽食を選びました。


もう秋の気配を感じさせるメニューです。季節御飯の舞茸が肉厚でしっかりした歯ごたえ。おひたしも美味しかったです。


梅酒のスパークリングワインをもう一本お代わりしてからの、赤ワイン飲んじゃいました。おつまみで配られた亀田製菓の七彩めぐりというおかきがとても美味しくて、もう一袋づつ頂いてしまいました!


昼ビール最高、のようでこちらもお代わりしていました。


その他にオリジナルのパウンドケーキも頂き、これが赤ワインに合うのでこちらもペロッと食してしまいました。

快適て楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。まだまだ飲めそうですが、この辺にて自粛。


お茶で締めました。

グランクラスの席を楽しむ、というよりは食べて飲んでばかりでした。十分過ぎるほど快適空間ではありましたが、窓が小さめで残念ながら通路側の席から車窓を楽しむことはできなかったです。
そのためか開放感はありませんでしたが、席周りが広いのでいいことにしました。 
このまま座ってどこまで行っても疲れなさそうに思えました。