9/10更新【2021.9~クルーズ再開情報】日本3船クルーズ中止発表|外国船は徐々に再開へ

クルーズ再開関連情報

最新国内外クルーズ情報

【飛鳥II】10月6日クルーズ中止発表↓下記詳細 9/10new!
【にっぽん丸】9月15,19日発クルーズ中止発表↓下記詳細 9/10new!
【ぱしふぃっくびいなす】2021年10〜12月新クルーズ販売中止発表↓下記詳細 9/10new!

東京国際クルーズターミナル一般公開中


新型コロナウィルスの感染拡大により、今年7月に開業予定だった東京国際クルーズターミナルの開業が延期となっていましたが、2020年9月10日より一般公開中です。
【一般公開日】
9:00〜17:00
【注意】
・開業当初、売店施設などは準備中となり飲食などの販売はない。
・来館の際はマスク着用、検温等などが行われる。
【参考】東京国際クルーズターミナル
【関連記事】オープン日に見学に行ってきました!
【東京国際クルーズターミナル見学レポート】2020年9月10日一般公開|全フロア見学

2021年5月以降クルーズ再開予定の船会社

再び各国で新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染が収束せず、各クルーズラインのクルーズ再開予定日も延長されています。
【海外のクルーズ状況】
◉アメリカ【5月10日更新】
米国疾病予防管理センター(CDC)が発表した新しいガイドラインは各クルーズ会社を大いに悩ませているという報道。7月中旬にクルーズを再開させたい場合、乗船者の95%のワクチン接種義務を課すなど様々な条件が出ています。特に、飲食以外にマスク着用を義務付ける「マスク会食」に反発が多いようです。これにより、アメリカ外でのクルーズ発着を行うクルーズ会社が増えそうです。
【CDC新ガイドラインの一部】
・乗船客の95%のワクチン接種の義務
・ブッフェ、セルフサービスエリアの禁止
・ソーシャルディスタンス(乗船客同士の距離間2m)を保持し、食事、飲酒、スイミングプールでのマスク着用の義務付け
◉カナダ【2月6日更新】
カナダ運輸省は、2022年2月28日までカナダ海域でのクルーズ活動を禁止を延長することを2月4日に発表した。カナダ運輸省はアラスカの統治はしていないが、カナダ領海を管理しているのでカナダ、アラスカクルーズは昨年に続き2年連続でクルーズが中止となる。
◉日本
日本船は2021年秋から国内ショートクルーズの運航を再開しています。

【以降情報随時更新予定】

飛鳥II

◯10月6日発クルーズ中止へ(9/10更新!)
飛鳥IIは以下のクルーズを中止することを発表した。
運行する郵船クルーズの感染症対策の検証を行なってきたが、感染症対策プランの実施の準備が間に合わないことから、クルーズの販売・運航の中止を決定した。
・2021年10月16日出発 秋彩駿河クルーズ

飛鳥II乗船条件の追加事項(9/10更新!)
郵船クルーズでは感染症対策の強化のため、下記乗船条件を追加すると発表した。
1.ワクチン接種完了
接種完了後15日以上経過していること。
2.追加のPCR検査
郵船クルーズ実施のPCR検査に加え、追加1回のPCR検査を実施すること。
【参考】飛鳥II新型コロナウィルス 感染症対策プラン

◯飛鳥IIの乗船客に新型コロナ陽性を確認(5/2更新)
2021年4月29日、横浜港を出発した飛鳥IIでの船内で乗船客の1人が新型コロナウィルスの陽性が確認され、クルーズを中断し5月1日午前11時30分頃横浜港へ帰港した。

横浜港から出港した飛鳥IIの「ゴールデンウィーク青森・北海道クルーズ」は、青森・函館・釧路をめぐり5月5日に横浜港へ帰港するクルーズで乗船客は302人、乗務員は425人乗船していた。

飛鳥IIでは新型コロナウイルス感染症予防対策として、乗船者全員に乗船前にPCR検査を実施していたが、感染の状況から乗船当日の4月29日にも乗船受付時に全乗船客の検体を採取、30日に外部機関の検査結果により今回陽性者が判明した。
感染が確認された乗船客の男性は、乗船後に喉に違和感を感じており、濃厚接触者は同行の家族女性1人のみで、船内のPCR検査では陰性が確認された。
陽性者が発覚後、船内のすべての施設の営業は中止となり、他の乗船客は国のガイドラインに則り、自室で待機、食事は弁当が配られたという。

5月1日、横浜港へ帰港した飛鳥IIは同日13時頃から乗船客の下船を開始し、乗船客は下船後タクシーやバスで帰宅の途についた。
乗船客の旅行代金は1泊分を徴収し、残る5日分は返金になる予定だという。また、飛鳥IIは感染症対策などの体制を整えて5月18日からクルーズ再開の意向だという。

◯2025年新客船建造を発表(4/5更新)
郵船クルーズは2021年3月31日、ドイツの造船会社と造船契約を結んだことを発表した。
飛鳥IIの後継船となる新造船は、飛鳥IIの乗客定員数の85%程度となる予定で、全客室にバルコニー、人気の露天風呂も設置される予定。
【詳細】asukacruise>ニュース>新客船建造を決定2025年デビュー

にっぽん丸

2021年10月〜2021年1月新クルーズを発表(9/10更新!)
・予約受付開始:2021年9月16日(木)10:30〜
・パンフレットは9月中旬に完成予定
秋は各地の紅葉の名所、冬は冬の味覚を堪能できるそれぞれの季節感を大切にしたクルーズがメイン。冬の定番「にっぽん丸 迎春クルーズ」の運航も予定されています。

にっぽん丸6月以降のクルーズを中止(9/10更新!)
新型コロナウィルス感染拡大と社会情勢を総合的に判断し、下記クルーズの運航を中止することを発表した。
・9月15日発  船旅にっぽん丸~柳井と沖ノ島周遊~
・9月19日発  名古屋発着 ぐるり四国一周クルーズ

ぱしふぃっくびいなす 

◯ぱしふぃっくびいなす2021年10〜12月クルーズ販売中止(9/10更新!)
日本クルーズ客船は、全国的な新型コロナウイルス感染拡大のため、複数の自治体から寄港の自粛要請があり運航が困難な状況であること、社会情勢など総合的に判断した結果以下の予定されていたクルーズの運航と10〜12月の新コースの販売中止を発表した。
・9月21日 神戸発  秋の世界自然遺産 屋久島・別府クルーズ
・9月25日 広島発   世界自然遺産 屋久島クルーズ
・9月30日 下関発  世界自然遺産 屋久島クルーズ

◯乗組員2名が新型コロナウイルス陽性確認(4/28更新)
神戸港に停泊中のぱしふぃっくびいなすの乗組員2名が新型コロナウイルスの陽性が確認された。共に重篤な症状はなく現在療養中。陽性確認後、本線の消毒、全乗組員のPCR検査を実施し陰性を確認した。(引用:4/22ぱしふぃっくびいなす公式HP)

コスタクルーズ

運行再開(9/10更新!)
・コスタディアデマ:2021年9月13日(予定)
・コスタファシノサ:2021年9月5日(再開)
・コスタルミノーザ:2021年5月16日(再開)
・コスタスメラルダ :2021年5月1日(再開)

MSCクルーズ

◯運行再開(9/10更新!)
・MSCプレチオーサ:2021年9月23日(予定)
・MSCディヴィーナ:2021年9月16日(予定)
・MSCグランディオーサ:2021年1月24日(再開)
・MSCシーサイド :2021年5月1日(再開)
・MSCビルトォーサ :2021年5月20日(再開)
・MSCメラビリア:2021年8月3日(再開)
乗船対象→シェンゲン市民(参考→シェンゲン協定)
健康要件→COVID-19検査。寄港地観光は船会社の主催のみ。

◯MSCクルーズ全船クルー対象ワクチン接種を開始(5/24更新)
MSCクルーズは全乗務員を対象に新型コロナウイルスのワクチン接種を開始、MSCベリッシマの全乗組員の接種を完了した。今夏より地中海と北欧のクルーズを予定しているが、乗客へのワクチン接種は義務化しないとしているが、ワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明の提示が求められている。

プリンセスクルーズ

運行再開(9/10更新)
・グランドプリンセス :2021年9月25日(予定)
・アラスカクルーズ:2021年7月25日(再開)

◯その他の情報
・サン・プリンセス,シープリンセス
売却のため全ての予定されていたクルーズは中止。
・パシフィックプリンセス
プリンセスクルーズのクルーズ船の中で一番小さな船、パシフィックプリンセスが売却。

ホーランドアメリカライン

運行再開(9/10更新!)
・フォーレンダム:2022年5月1日(予定)
・ザーンダム:2022年5月12日(予定)
◯中止が発表されたクルーズ
・2022年 ワールドクルーズ、グランドクルーズ

ノルウェージャンクルーズライン

運行再開(9/10更新!)
・ノルウェージャンブレイクアウェイ:2021年9月26日(予定)
・ノルウェージャンゲッタウェイ:2021年9月13日(予定)
・ノルウェージャンエピック:2021年9月5日(再開)

ロイヤルカリビアン

運行再開(9/10更新!)
・オアシス・オブ・ザ・シー:2021年9月5日(再開)
・クァンタム・オブ・ザ・シーズ:再開

セレブリティクルーズ

◯運行再開(9/10更新!)
・セレブリティ・フローラ:2021年7月4日(再開)
・セレブリティ・シルエット :2021年7月3日(再開)
・セレブリティ・エッジ:2021年6月21日(再開)
・セレブリティ・エイペックス:2021年6月19日(再開)
・セレブリティ・ミレニアム:2021年6月5日(再開)
◯その他情報
・日本の代理店との契約終了へ
セレブリティクルーズの販売、プロモーションを実施してきたミキツーリズムは2月13日、セレブリティクルーズとの販売代理店契約を終了する。今後はセレブリティの公式ホームページ経由での予約ができなくなる。


アザマラ

◯運行再開(9/10更新!)
・アザマラジャーニー:2021年10月13日(予定)
・アザマラクエスト:2021年8月28日(再開)

◯その他情報
・ロイヤルカリビアングループはアザマラを米投資会社に売却したことを1月19日に発表した。

キュナードライン

◯運行再開予定(4/5更新)
・クィーン・エリザベス:2021年10月12日〜
・クィーン・メリー2:2021年11月14日〜
・クィーン・ビクトリア :2021年9月10日〜

せとうちクルーズ

◯運行再開
・ガンツウ:2021年7月5日(再開)

【安全対策】
・「バイオ・セーフティー・マネジメント・システム」ガイドラインを策定し日本海事協会の認証を受けている。
・乗客乗員の同線を考慮し、接触感染と飛沫感染のリスクを低減させるための予防対策を行う。

Pocket