速報【’20~クルーズ再開情報】ダイヤモンド・プリンセス2021年10月〜日本配船キャンセルへ

2020年7月以降クルーズ再開予定の船会社

国内外のクルーズラインがクルーズ再開を発表しています。
6月には新型コロナウイルス感染拡大後、初の国際クルーズ再開となったシードリームはノルウェー西岸のフィヨルドクルーズを催行しました。
まだ新型コロナウイルスは収束していませんが、安全対策をとり、短いクルーズからの再開となるようです。
【以降情報随時更新予定】

ダイヤモンド・プリンセス

(8月7日更新)
日本発着の外国船、ダイヤモンド・プリンセスを保有するプリンセスクルーズ は8月6日、2021年10月〜2022年4月の間、日本とアジアでのクルーズ予定をキャンセルすることを発表した。
ダイヤモンド・プリンセスは別地への配線が予定されているという。
日本発着のクルーズ船があるのか、別船が配船されるのかは現時点では未定。

(出典:CRUISE CRITIC)

バハマパラダイスクルーズライン

【再開予定日】7月25日
【航路】サウスフロリダ〜バハマ
【安全対策】
・乗客率40%減とし、ソーシャルディスタンスを保つ。
・客室は病院使用レベルの消毒剤で消毒を行う。
・バスルームは強力なアルカリ性クリーナーで洗浄を行う。
・全ての公共エリアの手すり、テーブルトップ、ドアハンドルなど頻繁に手を触れる箇所は1時間ごと滅菌を行う。
【今後の展開】
・10月にバハマのリゾートに下船し、滞在できるクルーズ&ステイプログラムを再開する。

フッティルーテン

◉ロアール・アムンセン
【再開予定日】7月20日
【航路】トロムソ〜スバーバル諸島
【安全対策】
・安全と快適のために厳格な安全対策を追加し、より厳格な衛生規定を設ける。
・乗客率を減らしソーシャルディスタンスを保つ。
【関連記事】
【news】コロナ後再開したクルーズ船フッティルーテンで感染者が発生

ドリームクルーズ

◉エクスプローラードリーム
【再開予定日】7月26日
【航路】
・基隆発着澎湖島、馬都島、金門諸島など台湾の離島を巡る「台湾アイランドホッピング」クルーズ。
・乗客は台湾人が対象。
【安全対策】
・ノルウェー・ドイツ船級協会 感染予防認証「CIP-M」を受け、新たな規程作りの基礎とした。
・徹底的なクリーニングを実施。
・乗組は厳格な手順に従い2週間の陸上検疫を受け、陰性の場合はさらに1週間船上で隔離を行い3週間の予防措置期間をおく。

せとうちクルーズ

◉ガンツウ
【再開予定日】7月5日
【航路】瀬戸内海沿岸
【安全対策】
・「バイオ・セーフティー・マネジメント・システム」ガイドラインを策定し日本海事協会の認証を受けている。
・乗客乗員の同線を考慮し、接触感染と飛沫感染のリスクを低減させるための予防対策を行う。

ポナン

【再開予定日&航路など】
ル・ブーゲンビル 7月11日発 ボルドー発着大西洋岸
ル・シャンプラン 7月11日発 サンマロ発着ブルターニュ周遊
ロストラル 7月11日発 マルセイユ発着コートダジュール
ル・リリアル 7月11日発 ニース発着コルシカ島
ル・デュモンデュビル 9月26日発 ルアーブル発着北海
ル・ベロ 7月13日発 アイスランド周遊
ル・ボレアル 7月18日発 北極圏(スピッツベルゲン、スバールバル諸島)
【安全対策】
・新型コロナウイルス感染防止のためのガイドラインを策定し、フランス船級協会の認証を取得済み。

【関連記事】
【news】ポールゴーギャン クルーズ再開後乗船客が新型コロナウイルスに感染

 

Pocket