ピースボート・オーシャンドリーム号船内見学会に参加(2)ジャグジー・レストラン・ジムエリアの様子

2017年末横浜大さん橋に停泊中のオーシャンドリーム号の見学会に参加しました。前回に続く記事です。


関連記事:ピースボート・オーシャンドリーム号船内見学会に参加(1)|ピースボートとは?|客室の様子は?|売店・美容室の様子



11階のオーシャンビューエリア(船首)からみなとみらいを望む。外は寒いけれどデッキからの眺めは最高です。

11階オーシャンビューエリアの様子




11階のほぼ真ん中にシートがかぶっていて素通りしてしまいました。想像していたより小さかったです。シャワーもありました。


ジャグジーのそばにゴルフ練習エリア。見学時にはデッキチェアが数台しかおいてありませんでしたがこの辺り一帯はデッキチェアを出して寛ぐスペースなのでしょう。


11階デッキからの後方の風景。

10・9階の様子

◉10階ジムエリア


思ったより設備が充実!ランニングマシーンやその他の基本マシーンの他にウェートもずらり。にっぽん丸のジムより広いかも?

◉9階プール

10階ジムエリアのランニングマシーンからその下の階のプールエリアを見ることができます。9階の中心にはプールエリアがあります。深さが1.5Mと結構深いですね。泳ぐという広さではありませんでした。



プールサイドにはテーブルがあり、食事をしたり寛いだりする空間は十分にあり開放感はありました。

◉9階ビュッフェレストラン&パノラマバー


ブッフェレストランのリドレストランは夜は洋上居酒屋『波へい』になるそうです。



ブッフェカウンター。夜の居酒屋ではどんなお料理が並ぶのでしょうか?
ブッフェスタイルのリドレストランと夜はコース料理が味わえる4階リージェンシーレストラン(朝・昼はブッフェ)のメニューが5階レセプションに掲示されていました。


◉9階パノラマバー

9階船尾に位置するパノラマバーは航跡を望める最高席。


パノラマバー眼下、8階にはプール&ジャグジーが見えます。その下7階船尾には2018年4月オープン予定の展望大浴場が工事中でした。

船首から船尾は短いので船内の移動はそう大変ではないところは小さい船のいいところだと思いました。長期乗船するのに「生活しやすい」という印象でした。

そのほかのエリア・施設


7階ブロードウェイラウンジは船で一番大きなホール。ライブや講演会、全体の説明会などが行われる場所だそうです。


ステージをぐるりと取り囲むようなソファの配置のスターライトラウンジではこの時『世界遺産の魅力大公開!!』講座が始まったばかりでした。すでに席は満席!中央が板張りになっているのでダンスプログラムも行われる船内2番目に大きいホールです。

船内のほとんどの施設を回りました。一部非公開の場所やクルーズ申込者専用サロン、クルーズ相談サロンになっているスペースもありゼンボとは行きませんでしたが2時間30分ほどかけてゆっくり回ることができました。

最後に共有トイレに入りましたが、ウォッシュレットはついていませんでした。

◉オーシャンドリーム号を見学して
意外に年配のご夫婦や女性グループの見学者が多く、各客室ではじっくり見学されていて「この部屋だったら3ヶ月過ごせるか」など具体的に語らっていたのと、案内のボランティアスタッフに熱心に質問している姿が印象的でした。かなり前向きに乗船を検討されているように映りました。

ペアバルコニーの部屋だったら乗船したいけれど、他の部屋でも昔懐かしいクラブ合宿のようで楽しいかもしれない、かなと思いました。

船内の案内や受付など若いボランテイアスタッフの方が大勢いましたが、こちらの質問に的外れ回答だったり、大欠伸連発だったりというシーンをいくつかあったのが残念でした。

難しいかもしれませんが、実際のお料理などのサンプルや写真などがあればよかったと食事に重きを置く私はそう思いました。




あなたの知らないまだ見ぬクルーズの旅☆旅行ブログ 船旅
 

 

 

 

Pocket