【news】アジア新富裕層向けプレミアム大型客船 ゲンティンドリーム

28
(画像はスタークルーズHPよりお借りしました)

香港を母港に5日間の沖縄クルーズと3日間のウィークエンドクルーズ今年の4月から10月に実施する新しいプレミアム客船ゲンティンドリーム。

総トン数は飛鳥IIの約3倍、15万トンの大型客船は一度に3,000人規模の旅行者を連れてくる訪日クルーズ客船であり、日本初の香港旅行へのクルーズ客船でもあります。

 

”アジアで統合型リゾートなどのレジャー・エンターテイメント事業を展開するゲンティン香港は、アジアのクルーズ旅行で販売されているスタークルーズや 日本郵船から2015年に日本郵船から譲受したしたクリスタルクルーズなど、日本でも親しまれて居るクルーズラインを傘下に置いている。スタークルーズは吉本興業とのコラボ企画で芸人が毎クルーズに乗船することでも話題に。”(ニュース元:2017.5.9トラベルボイス) 

吉本の芸人さんが乗船するプランなんとなく覚えがあります。ヴァーゴtheよしもと@クルーズ発表ニュースを観た記憶があります。

急成長するアジアの富裕層を狙う 

アジアのクルーズ人口は2012年の130万人から毎年平均14.3%増で推移し、2020年には380万人に達すると予想され、年率2ケタ増で推移しているがそれでもアジア全人口のわずか0.5%程度。
アジアの中間層以上も増加していくことも予想され、今後巨大な伸びしろがあるアジア市場に欧米の列強にどう競合するのか?

オンリーワンを追求 

”ドリームクルーズ&スタークルーズ営業上級副社長は他社との競合より、独自の存在であることを追求すると強調。
「独自性をつ級することが差別化になる」また「アジア発祥のクルーズとして、アジアのアットホームなホスピタリティと国際的なレベルを兼ね備えたサービスが我々の特徴」とのこと。”
(ニュース元:2017.5.9トラベルボイス)

 

今回ご紹介したトラベルボイス記事では、ゲンティンドリームの招待クルーズの様子が紹介され、船内写真もたくさん掲載されていました。(詳しくはコチラから)きらびやかな船内という印象です。

 

アジアのアットホームなホスピタリティは、なんとなく理解できますが
『国際的なレベルを兼ね備えたサービス』は一体どんな感じなんでしょうか?香港発、ということで…その辺りは非常に個人的には興味がありますね。

 

 

(参考価格)
5泊6日アジアショートクルーズ広州発着86,450円〜 (2016.11出発)

 

『マツコの知らない世界』でお馴染みのクルーズライター上田寿美子さんの乗船記なかなか興味深いです。

 

Pocket